毎週web句会投句フォーム

初心者の方は事前に以下をご覧ください。
投句前チェックリスト
毎週WEB句会没句集

2018年4月1日以前の結果(1-102回)

各週日曜日受付開始、土曜日締切
選者:森山文切
(ご参考:選句理論「穴理論」)

100回ごとの外部選者
第200回:未定

各週、川柳自由吟おひとり2句まで(未発表句*)
*
柳誌での発表句はもちろん、公民館での掲示、他のネット句会入選句、ブログやtwitterでの公開など、媒体、形式は問わず、公表された句は発表済とさせていただきます。
投句は無料です。

入選句数は1週間の投句数の3割(小数点以下切り上げ)以上、5割(小数点以下切り捨て)以下
ただし、
1. 「3割以上」が32句未満かつ「5割以下」が32句以上の場合、上限は32句
2. 「3割以上」が32句以上の場合、32句以上3割以下


投句数が   40句の場合、入選は12句以上20句以下
投句数が   80句の場合、入選は24句以上32句以下
投句数が120句の場合、入選は32句以上36句以下

ただし、以下の場合は翌週に持ち越します。
1. 当該1週間の投句数が1句の場合(5割以下にできないため)
2. 管理人が出張などで更新できない場合(できるだけ事前に告知します)

お名前 (雅号、ハンドルネームなど)(必須)

句1(必須)

句2

メールアドレス(任意、入力された場合は受付メールを自動返信します)

確認画面は表示されません。
内容に間違いがないか確認した後、送信ボタンをクリックしてください。

メールアドレスを入力したのに投句受付メールが届かない場合はこちらをご覧ください。

【各回のコメント等を確認する場合は、各回のタイトル部分をクリック(第oo回何月何日投句分の部分)してください。】

毎週web句会第170回(2019/7/7-2019/7/13投句分)

投句フォームと結果に戻る

82名157句 西沢葉火選 入選47句







死角から燕が紐を解いて夏 のんびりあん
枝豆に君の様子を探らせる 水谷裕子
くれないの駆動機関にいて子供 toron*
水鳥の離陸してゆく変声期 toron*
咽せているときのさみしいえら呼吸 安達せきる
最果ての犬小屋前で待っている 宮坂変哲
耳外すマンハッタンの象女 川合大祐
財布には薬一錠あるばかり 入り江わに
テルミンの見えぬ指から再軍備 秘まんぢ
違いますそれは私のかたつむり
人違いでしたと胸に抱いて言う 斎藤秀雄
球体の午後と暮らしてからはだし 斎藤秀雄
こめかみに佇む夏のチェロ奏者 小俵 鱚太
おにぎりを食べるサーファー午後が凪ぐ 小俵 鱚太
歯ブラシの色も決められないくせに 久藤さえ
雑踏に探す息子の夏帽子 菊池洋勝
猫動画ばかり見ているけど死ぬの 菊池洋勝
意気地無しあなたが引いて妊娠線 甘酢あんかけ
恋島に二人取り残されて…Fin 藤井智史
とんかつの脂身だけを食べる父  真島朱火
処女膜の再生速度超える夏 あまの太郎
周波数合わせて夢精する天狗 あまの太郎
口を開け蘇生を待っている動画 宮下 倖
向日葵を握りしめつつ土地を買う えや実
瓶底に歪んだ屋上のフェンス 一音乃遥
曇天の責任とっているカエル 城崎れい
春巻を食べてりつぱな子に育つ 四線蛇
泣いたそばから風になる力持ち み浦よし彦
風のない日の蠅の速度で 平出奔
早朝の電話は訃報かと思う 村上佳津代
踊り場のミントが怖い警備員 未補
夕立が喉に絡んで鳴るチャイム 未補
小蝿死ぬ瞬間上がる手の温度 馬鈴
桃の実の危うさを知る薬指 多舵洋
暗闇のアラーム止める仕事人 るびい
三時まで雨の時間が続きます 有村桔梗
‪さみしいとさむいは似てるレモン味 杏野カヨ
帰れないコーラ吸い込むアスファルト 浅井誠章
水漏れが雨のふりして五万円 がね
佳5 爪伸びる灯を見せていま見せて 千春
佳4 本当のところ白夜に聞いてくれ 千春
佳3 二問目で死ぬサイダーのサイダーさ 佐原キオ
佳2 二字は二字われが狂っていった磁気 川合大祐
佳1 バス停に帽子被せてゆく仕事 多実果
ペコちゃんのルーツを辿る親知らず 安達せきる
授業中打ち上げられたセミクジラ 涅槃girl
標識のシカは8ミリずつ動く えや実
森山文切選 入選41句







死角から燕が紐を解いて夏 のんびりあん
枝豆に君の様子を探らせる 水谷裕子
‪サンダルがホースの水と踊り出す 伊藤みこ
水鳥の離陸してゆく変声期 toron*
授業中打ち上げられたセミクジラ 涅槃girl
ペコちゃんのルーツを辿る親知らず 安達せきる
咽せているときのさみしいえら呼吸 安達せきる
最果ての犬小屋前で待っている 宮坂変哲
海底を彷徨う兵の進化論 福村まこと
耳外すマンハッタンの象女 川合大祐
パワハラも逃げて最後の焼け野原 袴田朱夏
浜に寝て人恋う栓を抜いてやる 糸篠エリー
父親の形に沈むパンケーキ ペンギンおじさん
バス停に帽子被せてゆく仕事 多実果
猛烈な雨に降られる雨蛙 文月
球体の午後と暮らしてからはだし 斎藤秀雄
無口だとTポイントが二倍付く 芍薬
ツバメ来て親だったこと子だったこと 岩根彰子
歯ブラシの色も決められないくせに 久藤さえ
裏方を表に出して次に行く 雪上牡丹餅
とんかつの脂身だけを食べる父  真島朱火
向日葵を握りしめつつ土地を買う えや実
曇天の責任とっているカエル 城崎れい
選挙カー一台も来ず里の夏 城崎れい
泣いたそばから風になる力持ち み浦よし彦
月面に降る恋人の処方箋 み浦よし彦
アボカドをふたつに割って角が立つ 平出奔
歯科に忘れた交換日記 月波与生
小蝿死ぬ瞬間上がる手の温度 馬鈴
殿堂に手招きされる闖入者 るびい
‪さみしいとさむいは似てるレモン味 杏野カヨ
足が速くて婚期がずれてしまう いゆ蘭
吸い殻が椅子の形に組み上がる がね
佳5 反故といふ反故に名句が書いてあり 四線蛇
佳4 輝きを未だ忘れぬ白のWii l996
佳3 踊り場のミントが怖い警備員 未補
佳2 瓶底に歪んだ屋上のフェンス 一音乃遥
佳1 生ぬるい歩廊で閉じる既読無視 真島久美子
猫動画ばかり見ているけど死ぬの 菊池洋勝
二字は二字われが狂っていった磁気 川合大祐
泣くこたねしくじり赦すなめくぢら サトシワタナベ

毎週web句会第169回(2019/6/30-2019/7/6投句分)

投句フォームと結果に戻る

63名121句 森山文切選 入選36句
常夏の国で片栗粉を踏んだ ひかる
配線をタコ足にして帰ります
揚羽蝶今日もどこかで雨宿り 柊無扇
負けた日をサソリ固めにする夕陽 福村まこと
迷子札無名のままでつけておく 多舵洋
地平線ばかり眺めるかごの鳥 麦乃
おずおずと「人間です」にチェックする 馬鈴
走れない切手が泣いた縞模様 浅井誠章
神様が戻し忘れていたバケツ 雪上牡丹餅
ひぐらしの音を溶かしたソーダ水 甘酢あんかけ
旬の物苦さと青さと日の甘さ 井上雅代
梅雨の月抹茶あずきにして食べる まさよし
筍の皮を剥く夜の金縛り 西沢葉火
玄関にヌーヴェルヴァーグ風の餅 涅槃girl
好きな子を狙う排球のやはらか 一音乃遥
ホームパーティーに呼ばれるストーカー 尾崎飛鳥
翻訳をしてクリームの境目を いゆ蘭
アイラブユー通じなかった炉端焼き 澤井敏治
アンドロイドくるぶしに咲くクローバー 水鳥
逢えば揺れ始める花の芯あたり 糸篠エリー
知られざる生き方をした村の森 市川雄太
月夜間に間男の説く不法領得 高梅仁
天然水で呼んだ軍勢 平出奔
Excelを遡上してゆく角砂糖 toron*
透明な壁にぶつかる生たまご 斉尾くにこ
1Q84その曲線じゃありません 月波与生
砂鉄集めて眠くなる人魚姫 あまの太郎
iPhoneの光にたわむ系統樹 み浦よし彦
佳5 あじさいの花に埋もれるアルミ缶 鴨居
佳4 綴じ紐が1メートルの黒歴史 藤井智史
佳3 砕かれて本に変わった豚の箱 猫=鮫
佳2 晴れのち晴れでも透明な恋人よ 秘まんぢ
佳1 ひとつだけ使命の違う親子丼 月波与生
赤道を跨ぐドミノをひとつ抜く 芍薬
くぐもった嘘がお上手心太 岩根彰子
桃味のアイスはここじゃ不謹慎 ペンギンおじさん

毎週web句会第168回(2019/6/23-2019/6/29投句分)

投句フォームと結果に戻る

天の句、その技と心
没のポイント3(おやつリスペクト)
は廃止しました。
また、前々回発表分から天地人のコメントはございません。ご了承ください。

64名123句 森山文切選 入選36句
通じては困るシュールなギャグを言う ヨッシー
クイックルワイパー信じ過ぎている 尾崎飛鳥
そっけない君の返事は梅雨が受け 芥子
まだ未練あるかのように動く熊 小出順子
ゴミ箱のもっとも古いゴミになる 石川聡
雨の音雀の声と下剋上 美す寿
かなぶんをつけてかみさま気取るひと 未補
愛情で陥没してる後頭部
下書きのほうが可愛い印象派 芍薬
人類に懐いてしまう目玉焼き 枡英児
ぼく以外誰も食べない毒リンゴ ひかる
限界を悟ったらすぐ来るラクダ ペンギンおじさん
手を握り診察終える在宅医 菊池洋勝
もうちょっと笑っていたいイチゴジャム 水谷裕子
突き詰めてみれば生え際だけの人 袴田朱夏
ミッキーをミケランジェロと呼び直す 袴田朱夏
おそらくは輪廻の果てのわらび餅 笹川諒
糊代が狭くて漏れ落ちる偽善 糸篠エリー
スルメすら短冊にする笹の意地 小俵鱚太
一切をパズルで送る査察官 たにゆめ
タロットは宿直室の所定位置 西沢葉火
母の日はリインカネーション母といる 月波与生
眉頭ズラして描いて今日の顔 まつもともとこ
ペンギンがペンギンのまま鳴いている 有村桔梗
せんべいをかじるピアノを弾いている 涅槃girl
マンモスは鼻のピアスを忘れたか 秘まんぢ
捕鯨船明日の天気になりきって 平出奔
ドッキリを仕掛ける人の頬の皺 馬鈴
佳5 真四角のしあわせやかましいバター toron*
佳4 渡れない海の向こうで降る砂糖 エノモトユミ
佳3 深海魚波打ち際のホスピタル 斉尾くにこ
佳2 ラベリング自身のなかの図書室の 斉尾くにこ
佳1 ひとづまの眞鍋かをりの仮名遣い 安達せきる
カーテンの丈が足りずに見える草 真島朱火
通帳のゼロにそれぞれしわが寄る 斎藤秀雄
錆びている鏡のふちをつつく猫 霧島絢

毎週web句会第167回(2019/6/16-2019/6/22投句分)

投句フォームと結果に戻る

天の句、その技と心
没のポイント3(おやつリスペクト)
は廃止しました。
また、前回発表分から天地人のコメントはございません。ご了承ください。

63名120句 森山文切選 入選36句
敷金と礼金ぶんの夏が来る 平出奔
ゴキブリは目を離したら居なくなる 小出順子
父親の飛ばしたバッグ・クロージャー からすまぁ
胸一つ突き出しつくる新記録 柊無扇
香港の吉野家で食うカツカレー 原田鴨目
偶然がいまだに続く占い師 武良銀茶
思い出し笑いしているデスマスク 颯爽
歯軋りといびき交錯ちゅらの海 澤井敏治
見えますか精一杯の灯りです 尾崎良仁
母親の色眼鏡には愛がある 八郎
採血の血を持ち帰る薔薇の家 菊池洋勝
カタカナは目から入って消えていく 彦翁
光らない蛍と話す舞台裏 若枝あらう
具体例なくても飯は食えました 袴田朱夏
サイダーをこぼした人のための星 鴨居
ダンシングフラワー山に置いてきた 岡方大輔
雨の日のアリバイ蝶が香ばしい 杏野カヨ
ケンタウルス後ろ足から土下座する 斉尾くにこ
閉まるドアにご注意ください、光 ひかる
諦めが悪くて消えるボールペン 真島久美子
新語生むたびに欲情するスマホ 福村まこと
電話ボックス後ろにつづく言霊史 秘まんぢ
傘立てに笑い声まで突き立てて 門脇篤史
性癖に刺さる紫陽花の枯れ枝 朝野陽々
失点の数だけ増える喘ぎ声 ペンギンおじさん
迂回路で枇杷のたわわと睨みあう 岩根彰子
架空線レモンの青さ断ち切って toron*
満月の蜂蜜垂れる滑り台 み浦よし彦
佳5 満月の夜ゆるキャラに自白剤 あまの太郎
佳4 雨が降っている方を内側に折る 有村桔梗
佳3 脚立からまっすぐ降りてきて王手 斎藤秀雄
佳2 勝鬨をスルーされたる大将よ 西鎮
佳1 校則が書かれた誕生日ケーキ いゆ蘭
まな板の木目に滲むフォアボール エノモトユミ
執拗に檸檬を褒めるマヨネーズ 水鳥
記念樹を締めつけていたゴムの跡 西沢葉火

毎週web句会第166回(2019/6/9-2019/6/15投句分)

投句フォームと結果に戻る

天の句、その技と心
没のポイント3(おやつリスペクト)
は廃止しました。
また、今回発表分以降天地人のコメントはございません。ご了承ください。

61名118句 森山文切選 入選35句
すこやかで少しエッチなレンズ豆 斎藤秀雄
あさりそばに理性を保てぬ夫人 小俵鱚太
炭酸の中にわたしも眠りたい 美す寿
人なんか喰えるか狭く生きてやる 糸篠エリー
本日の猫の抜け殻三枚目 さこ
これでもう無期懲役も3回目 ペンギンおじさん
ヤル気ある針金たちは混ざらない 浅井誠章
傘を貸し走ってかえる変声期 まさよし
自分まで幸せになる丸い顔 ヨッシー
険悪をレンコン飴に助けられ 岩根彰子
告白へ餃子崩れてゆくばかり 真島久美子
鳩を抱く青年だった鍋の底 toron*
あの時は青空だった中二病 藤井智史
ランドルト環の隙間を塗り潰す 尾崎飛鳥
燃え盛ったら人々だった 平出奔
回すたび会話がズレる扇風機 未補
溶けかけのアイスボックス実を結ぶ 霧島絢
ジュゴンの叫び天狗の鼻に届かない 澤井敏治
おびただしい海馬がタレに浸けてある いゆ蘭
パセリにはアゲハ若くして死にたい ひかる
雨の日の密会傘に穴を開け 杏野カヨ
行きどまり誰かが置いた小籠包 岡方大輔
千人の武者行列へ緑さす 菊池洋勝
広口瓶おおわらいして夏支度 斉尾くにこ
どうしてもこんにゃくであるとろまぐろ 石川聡
坂道で白衣をゆらす羊たち エノモトユミ
広告にうずうずしたら正常値 芍薬
佳5 ピアニカにふれるにしては細い指 蝉の翅
佳4 内省を求めるための点描画 小俵鱚太
佳3 本真珠歪な君を愛し抜く 真島久美子
佳2 売り切れた下着を追って蝶の夢 水鳥
佳1 サーカスで隣の人の桃を剥く 福村まこと
不良少年の寝相がやわらかい いゆ蘭
混乱の幅を広げるかたつむり 涅槃girl
味噌ラーメンがないあなたの夢だから 月波与生