初恋抄2019

(卑弥呼の里川柳会のトップページへは上のヘッダー画像から)

初恋抄(3)  2019年6月3日掲載

第41回吉野ヶ里川柳大会

平成31年4月21日、第41回吉野ヶ里川柳大会を開催した。この大会は41年前から父が代表で続けてきたものだ。第30回くらいまでは地元の由緒あるお寺「修学院」(正式には背振山積翠教寺修學院)で開催していて、名前も「修学院川柳大会」だった。その会場は50人でいっぱいだったが、部屋の窓から見える景色は最高で参加者の心を和ませてくれる場所だった。現在では参加者が増えて修学院ではスペースが足りなくなってしまったので、場所を変更して「吉野ヶ里川柳大会」と名前も変えたが、我が家では未だに「修学院大会」と口走ってしまうほど定着している。
吉野ヶ里川柳大会の大きな特徴が「手作り」だ。賞品には父の手作りの竹細工が並び、参加賞も父が育てたいろんな苗木をお持ち帰りいただいていた。昼食は筍料理、山菜と新鮮な地元の食材でおもてなしし、その料理を楽しみに参加してくださる人もいたほどだ。昼食後のアトラクションも手作りで、みんなで大会の為に歌の練習をしたり、笛や踊りの練習をしたりするのがとても楽しかった。

この大会を中心に父の一年が回っていたのだが、去年父が亡くなり私が続けていくことになった。私は卑弥呼の里川柳会を主催していて、誌上大会と女流大会という大事な大会を2つ抱えている。父が元気な頃に「お父さんがヨボヨボになって動ききれんくなったら、吉野ヶ里と卑弥呼を合併させようね」と話していたので、よほど合併させようか悩んだのだが、母に「久美ちゃんなら出来るよ!」と背中を押され別々でしっかり続けていこうと決めた(おだてられるとすぐ調子に乗る性格)。
去年は文切さんに選者をお願いして、それはそれは好評だった。おばさま方から「文切さんって可愛いかね~!」「いやぁ川柳界にもイケメンおったとね~」など、文切スマイルにヤラれる人が続出。今年は、仙台から月波与生さん、愛知から高柳閑雲さん、和歌山から木本朱夏さんを選者にお招きして開催した。

父がいない大会。

大会準備中の私にとっては、第41回吉野ヶ里川柳大会はそれだけの大会だった。やる気のある振りをしてもどこか空っぽで、竹細工も苗木も準備できなくて、何に謝ればいいのか分からないけれど、全部に謝らないといけないような気持ちでいっぱいだった。
ところが大会当日、西村正紘さんが開会の挨拶で父のことに触れてくださり、黒川孤遊さんが黙祷の時間を設けてくださった。たくさんの方々にお声がけもいただいた。そこでやっと、私の中に小さな「覚悟」が生まれた。私は真島清弘ではく、真島久美子だ。だから、私は私に出来ることしか出来ない。竹細工どころか、鋸も持てない。苗木だって何から始めればいいのか分からない。自分に出来ることをやればいいという当たり前のことを、大会が始まってから気付くなんてバカだと思うが、それはやはり皆さんのお蔭だとしか言いようがない。
第41回吉野ヶ里川柳大会は、私自身にとって大きな節目の大会になったことは間違いない。私なら出来ると思わせてくれたのは、父でも母でもなく、参加してくれたみなさんだった。

初恋抄(2)  2019年5月5日掲載

十五年前、佐賀県伊万里市にある青嶺中学校に川柳を教えに通っていた。そこは選択授業で、川柳教室か茶道教室を選んで参加するのだが、半数の生徒が川柳を選択していたため、教室はかなりの賑わいだった。
川柳教室では、最初に虫食い川柳ゲームをして、その後お題を出して作句をする。その時間内に入選句の発表までするのだから、あっという間に一時間が過ぎていった。時間が足りなくて入選句の発表途中でチャイムが鳴ってしまうことも多々あったが、子供達の「久美子先生どんまい!」という声援に何度も救われたことを覚えている。 青嶺中学校は私の住む吉野ヶ里町から高速を使っても車で90分ほどかかる。私の家は福岡県寄りで、青嶺中学校は長崎県寄りだ。その時間も楽しめるほど、子供達との触れ合いは楽しいものだった。

先日、その頃の担任の先生から連絡が入った。 「タイムカプセルを開けたら、川柳がいっぱい出てきたとよ。この句をどうしようか迷ったばってん、久美ちゃんに渡すのが一番よかと思うけん、ちょっと見てくれん?」  私は喜んでその句を受け取りに行った。

真夜中に一瞬見えるほたるの光 イティロー
ひまわりが心の梅雨を終らせる あごなしポロリ
桜花心を晴らす雨のよう CHILO
日が暮れてツクツクボウシが泣いている カンチ
頑張ろう勉強部活中体連 MILK
雪げしき溶けても残る心には ホワイトスノー
ささの葉に願いをこめて夢を見る キキ・ララ
山菜に目をうばわれる春の山 山の人
息きらしトンボにみとれまた走る 生山葵
梅雨の昼カビたまんじゅう食べれない 極太
春風は新たな色を持ってくる 針葉樹林
スイカわりみんなの声が命綱 スイカのたね

あげていくとキリが無いのだが、十五年前の教室の思い出が一気に溢れてきた。ずっと本名で投句していたはずなのに、この短冊には全員がペンネームを使っている。本当はペンネームが欲しかったのだと切なくなった。
現在、佐賀県内の小学校や中学校へ川柳を教えに行くことが多くなり、ときには一時間目から六時間目までぶっ通しで教室をすることもある。時間配分も上手くなった。この青嶺中学校の子供達との触れ合いが私のジュニア川柳への入口だった。そんな子供達の句を今手にすることができたことは、これからの私の大きな力になることだろう。

初恋抄(1)  2019年4月5日掲載

卑弥呼の里川柳会を立ち上げて七年目になる。ブログをしたらどうかという話は何度もあったし、自分自身も代表として何かしたいと思っていたのだが、なかなか実行に移せずにいた。そんな中、文切さんから毎週web句会に協力という形で運営に参加してほしいというお話をいただいた。ネットが苦手な私にとって、文切さんは大きな支えになってくれることだろう。文切さんに甘えながら(めっちゃ厳しいけど)少しずつでも、何かを残していきたい。

最初のエッセイなので、卑弥呼の里川柳会の成り立ちを紹介する。

鹿児島県では「南日本女流川柳大会」が開催されている。歴史ある大会で、私は毎年母と姪っ子達と参加している。当たり前だが女性しか参加することができない。「女流」という言葉は古いという意見もあるが、私には「女流」という言葉の響きはとても新鮮だった。

2012年の大会の帰り道、
久美子「女流大会ってさ、佐賀でもできるっちゃない?」
母「そうね。面白そうね。」
久美子「早速やってみゅうか!」
という母娘のノリだけで、卑弥呼の里女流川柳大会がスタートした。

第一回卑弥呼の里女流川柳大会には、県外からの参加もあり七十名ほどが夏の吉野ヶ里町に集まった。和歌山県から川柳塔誌編集長の木本朱夏さんも参加してくれた。こんなに参加してくれるなんて思ってもみなかったので、会場はあっという間にいっぱい。それなのに、清々しい空気が流れているのが女流大会の大きな特徴だ。その大会で、朱夏さんに「誌上大会もやってみたら?やり方は教えるから」と言われて誌上大会まで始めてしまった。「卑弥呼」だから選者は全員女性にお願いした。森中惠美子さん、大西泰世さん、樋口由紀子さん、赤松ますみさん、木本朱夏さん。魔力を持っていそうな五人だ。その魔力で、多くの方に投句いただくことができた。第六回からは、魔女五人と男性選者の共選にした。男性選者と魔女たちの入選句の違いが面白い。これまでは発表誌で結果を発表するだけだったが、違いについての議論もこのサイトでできればと思っている。

長年川柳をしてきていろんな経験をしたし、楽しいことばかりだったわけではない。そういう話もこの「初恋抄」で紹介していきたいと思っている。「初恋抄」は、川柳に恋する私の、甘酸っぱくて、ちょっぴり苦い、つぶやきと思っていただけるとありがたい。

「初恋抄2019」への2件のフィードバック

  1. ありがとうございます

    これからも頑張りますね!!

    こいしさんにお会いするのはどの大会か…
    楽しみです(*´∨`*)ノ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)