毎週web句会第160回(2019/4/28-2019/5/4投句分)

投句フォームと結果に戻る

共選につき
天の句、その技と心

没のポイント3(おやつリスペクト)
は休載です。

65名126句 いわさき楊子選 入選35句







不仲説パイナップルに聞く酢豚 まさよし
イエローで描くひと日の左側 toron*
だれも触れなかったバナナの皮のこと 秘まんぢ
信じ方講座から始まる教義 袴田朱夏
天狗から褒められた耳鼻咽喉科 たにゆめ
肩紐はずれてぼんやりメロンパン 斉尾くにこ
夢枯れてかさこそ手のひらの広野 糸篠エリー
連休にこびとに宛てた文届く 西鎮
舐めとった埃の苦さ知ってるか 西鎮
給湯器もエレベーターも喋りすぎ 村上佳津代
淡々とタオルを畳む大富豪 えや実
水平な飛び蹴りが来る痴話喧嘩 ヨッシー
午後五時の音符をしまう通学路 芍薬
副賞は泣けない夜に貼るピエロ 尾崎良仁
月が綺麗きみの正義は負けたんだ 尾崎良仁
両肩に湯気立ちのぼる調律師 小俵鱚太
精液のにおいで起きる夜行バス 小俵鱚太
恋文はローテーブルを傷つける エノモトユミ
変容の真っ只中にあるこけし 笹川諒
敵国のデニムから色落ちするP 月波与生
半返しソヴィエトのある地図だった 月波与生
たまねぎと新たまねぎの小宇宙 有村桔梗
不機嫌な韃靼人は踊らない 朝野陽々
トラウマ社業務日誌に田螺の絵 川合大祐
補助輪と夜の向日葵いらっしゃい 水鳥
コンデンスミルクの罪を被る夜 あまの太郎
三角に折ったのにぼったくりバー いゆ蘭
佳5 インコンビニエンスストア開業です 甘酢あんかけ
佳4 職質を反芻したら甘かった 未補
佳3 砂時計ひっくり返す静かな手 水鳥
佳2 平静を装っている冷奴 尾渡はち
佳1 新元号めでたや御所のまくわうり はな
取調室の葡萄が美しい 杏野カヨ
葡萄は宗教で象徴として使われる。犯罪と取り合わせることで、美しくもある人間の仕方なさをおもう。
右利きへ推敲されるナイフの句 馬鈴
社会詠と断言することもできるが、そうは読まない方が詩としてのふくらみがある。
曼荼羅のポーズで朽ちる観覧車 toron*
曼荼羅と観覧車は似ている。絶対似ている。
森山文切選 入選33句







取調室の葡萄が美しい 杏野カヨ
谷川を流されていく白い布 雪上牡丹餅
美容室帰りと分かる天使の環 真島朱火
信じ方講座から始まる教義 袴田朱夏
はっそうとび蝿虎はシュミーズに のんびりあん
善悪をツイストしたらチョココロネ たにゆめ
天狗から褒められた耳鼻咽喉科 たにゆめ
肩紐はずれてぼんやりメロンパン 斉尾くにこ
ヘルニアの樹にゆっくりと成る葡萄 西沢葉火
夢枯れてかさこそ手のひらの広野 糸篠エリー
真後ろの笑いと脚が揺らすバス l996
給湯器もエレベーターも喋りすぎ 村上佳津代
ロボットの愛憎 瓦解する序列 福村まこと
虹ボタン押してすぐさま捨てる指 斎藤秀雄
はにかんだ表彰台のドブネズミ ペンギンおじさん
キャベジンを忘れずに飲む毒クラゲ ペンギンおじさん
雨降っただけで終わってしまう仲 小林祥司
地下鉄の窓に激突する魚 岩倉曰
半返しソヴィエトのある地図だった 月波与生
たまねぎと新たまねぎの小宇宙 有村桔梗
達磨にもアイライナーを引く配慮 がね
職質を反芻したら甘かった 未補
体当たり恋に押し潰されている 藤井智史
咥えれば指ではないと少女A いゆ蘭
殺せない火はあかあかと蚊の頭 秋鹿町
佳5 淡々とタオルを畳む大富豪 えや実
佳4 アイコンの動物たちと夜を待つ 芍薬
佳3 恋文はローテーブルを傷つける エノモトユミ
佳2 変容の真っ只中にあるこけし 笹川諒
佳1 藤棚の奥へ目当てのとんかつ屋 菊池洋勝
だれも触れなかったバナナの皮のこと 秘まんぢ
バナナの皮が報われない。
副賞は泣けない夜に貼るピエロ 尾崎良仁
貼っても笑えない。
三角に折ったのにぼったくりバー いゆ蘭
「三角に折った」という根拠の弱さ、漠然とした感じと、「ぼったくりバー」の怪しさ、生活圏からの距離にリンクがある。

「毎週web句会第160回(2019/4/28-2019/5/4投句分)」への1件のフィードバック

  1. 共選につき、平抜き句は到着順の掲載です。ご了承ください。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)