毎週web句会第159回(2019/4/21-2019/4/27投句分)

投句フォームと結果に戻る

天の句、その技と心
没のポイント3(おやつリスペクト)
は少なくとも10月末まで休載です。

57名109句 森山文切選 入選33句
野球拳強くて支店長になる あまの太郎
ちょっと前から欲しかった系の謎 笹川諒
仕組まれているよう「いいね!」ボタン押す ヨッシー
雨音が心地よくする待ち合わせ まるち
真っ青なキャンバスはみ出した小鳥 青砥たかこ
スーパーのビーフ英語で呼びかける 糸篠エリー
春先に出会う河童はドルを売る 浅井誠章
スコールが古い思い出燃やしきる 水鳥
声帯へきっちり並ぶプロポリス 千仗千紘
キャロライン洋子の真似が夜鳴きそば 月波与生
スペアキー作られほっとしてるドア 小林祥司
上着が忘れられているバネ遊具 l996
完了を押してから読むお品書き 芍薬
満ち足りず毒草育つワンルーム 来栖圭郁
絶叫を聞いて育ったミニトマト 尾渡はち
アイフォンに反りを合わせているシニア 村上佳津代
四五輪で開花四五度で恋になる 斉尾くにこ
ダイソーで追いかけているデカダンス 西鎮
ローファーに草のかけらをつけてゆく 有村桔梗
たぶん敵優雅に舞っていらっしゃる   尾崎良仁
これ以上カイワレになることはない 西沢葉火
連休にお尻のえくぼ探します 斎藤秀雄
Ctrl+Zに慣れて家を買う 若枝あらう
投げつけたシュークリームに蓋がない 千仗千紘
拭き取って捨て去る恋の落とし紙 藤井智史
佳5 味噌餡の分らぬ舌に柏餅 菊池洋勝
佳4 社員証かざし月には帰れない 平出奔
佳3 公園の爪先だっている菖蒲 岩根彰子
佳2 冒険の記録ですから詩ですから 笹川諒
佳1 夜更けまえ潮の香りがする神父 涅槃girl
じゃがいもの皮で作った秘密基地 ペンギンおじさん
なんの皮でもいいじゃないかという意見がありそうだが、じゃがいもの皮だからこそ生まれる秘密基地のイメージがある。
反時計回りに懺悔する林檎 toron*
なんとか皮が切れないように剥ける程度の実力か。皮剥きも世渡りも、上手ではなさそうだ。
まつり縫いする指にふる白い酒 エノモトユミ
まつり縫いと指はつきすぎのように思えるが、後半部分が既視感を消した。言外のイメージの膨らみが心地よい。

「毎週web句会第159回(2019/4/21-2019/4/27投句分)」への1件のフィードバック

  1. 【定期】掲載順

    1句目、2句目はユーモア、時事吟など比較的インパクトがあると判断した句で、平抜き上位と同じくらいの評価

    3句目が入選句の中では一番下と評価した句で、3句目以降は下に行くほど順に良いと判断した句です。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)