毎週web句会第156回(2019/3/31-2019/4/6投句分)

投句フォームと結果に戻る

天の句、その技と心
没のポイント3(おやつリスペクト)
は少なくとも10月末まで休載です。

56名109句 森山文切選 入選32句
駆け巡る選挙カー逃げないカラス まるち
フリーザがこだわり抜いた丁寧語 近江瞬
壊されることを知らない貯金箱 青山祐己
素うどんが流れる渋谷交差点 浅井誠章
駅までがワンメーターの無人島 たにゆめ
腹の空く一食分の朝寝かな 菊池洋勝
気の抜けたビールにテンポ狂い出す 小林祥司
エゴサーチする指 きみに触れる指 朝野陽々
爺ちゃんが熊で婆ちゃんが狸で 平井美智子
フル装備して立ち向かう春の厄 アゲハ
紫のくちびる吸って見えた空 エノモトユミ
地球儀にいくつか嘘が書いてある 羽根
展示前学芸員の椅子沈む 袴田朱夏
換気扇からフェイクニュースが漏れる 糸篠エリー
親切な地図だ紅茶の染みがある 西沢葉火
恍惚の膝を一枚漬けておく
フィクションを嫌う閻魔の誤字脱字 秘まんぢ
多夫婚の位牌に残る片笑くぼ 福村まこと
ばかになる手前で嘘をソートする 芍薬
紙オムツ替える新元号を聞く ヨッシー
無呼吸の駐車券認証装置 岩倉曰
助動詞を拾ってビンゴしてしまう 斎藤秀雄
大げさに褒めたい布団乾燥機 小俵鱚太
傷口に群がる揚羽黒揚羽 toron*
佳5 談合にリズムを添えるジャズピアノ 中村佐貴
佳4 崖に咲く花で作った通知票 甘酢あんかけ
佳3 前奏で終わるひらめのラブソング 斎藤秀雄
佳2 紳士からブンガブンガへ誘われる 斉尾くにこ
佳1 レモンスカッシュを越えて春の肩紐 岩根彰子
開店のお知らせばかり載る雑誌 有村桔梗
事実を言い当てる系の句であるが、事実に気付いた「わたし」の気持ちが感じられる。
ふらんすにあげたいふかふかの帽子 笹川諒
言葉の響きが心地よい。ロシア帽か。おそろしあ。
生命と思えば干からびたパスタ 岩倉曰
もともとカラカラに乾いた「パスタ」に「生命」と「干からびた」を組み合わせたことで、乾く>潤う>干からびるというイメージの流れが生まれた。この流れは「生命」とリンクしており、言葉の選択の妙を感じさせる。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)