第154回(2019/3/17-2019/3/23投句分)

投句フォームと結果に戻る

天の句、その技と心
没のポイント3(おやつリスペクト)
は少なくとも10月末まで休載です。

51名100句 森山文切選
中指を突き立てているカブトムシ 近江瞬
針先の錆びたルアーを贈られた 西鎮
自分だって道具なんだとランドセル 新井昌広
入れ込んだ代数未だ青いまま 浅井誠章
裏側を覗けば目立つ愛の剥げ 糸篠エリー
消印のようにハッキリしない人 ヨッシー
恋文をしたためている花吹雪 多舵洋
継ぎ接ぎの瞼でちがう夢をみる 大橋凜太郎
もう一度きみに拭かれている机 有村桔梗
何一つ残さず飛んだ羽根餃子 あまの太郎
片雲が神のかたちに似る夜明け 涅槃girl
嘘ついているのね溜息が海 岩根彰子
ラブホから歩いて帰る宇宙人 江西レイ
砕くまで木べらか骨かわからない 岩倉曰
席ひとつ空けている人たちの笑み エノモトユミ
えびせんを人が人愛せるあいだ 斎藤秀雄
目を閉じることもできずに浮く金魚 西沢葉火
懲らしめてみたり責めたり裁いたり 斉尾くにこ
モナリザに正視促すカウンセラー 八郎
オリオン座まみれの服で歩きだす 羽根
五線譜に挟み込む夕張メロン toron*
糸こんの混線で降格処分 若枝あらう
佳5 精霊の探す両性更衣室 福村まこと
佳4 契約書名前の欄にいるミミズ 雪上牡丹餅
佳3 ピアニカを捨てたね起動できないよ 笹川諒
佳2 駅ビルの、平面なはずないんだが 御殿山みなみ
佳1 免許証全然笑わない氏名 芍薬
昼下がり磁気の残っている砂場 いゆ蘭
導入の上五は平凡だが、中七下五で想起させる砂鉄が効いている。最近の公園の砂場には砂鉄はないらしい。
ひところの茄子のかたちで昼寝する 袴田朱夏
「ひところ」が良い。茄子の形や色は、「ころ」の音の響きやイメージ、昼寝とリンクがある。
うさぎ寂しがらせ研究者の真顔 中村佐貴
「研究者の真顔」に対する「うさぎ寂しがらせ」が、残酷すぎず、かといって遠すぎず、絶妙な距離感である。

「第154回(2019/3/17-2019/3/23投句分)」への1件のフィードバック

  1. 【定期】掲載順

    1句目、2句目はユーモア、時事吟など比較的インパクトがあると判断した句で、平抜き上位と同じくらいの評価

    3句目が入選句の中では一番下と評価した句で、3句目以降は下に行くほど順に良いと判断した句です。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)