第122回(2018/8/5-8/11投句分)

投句フォームと結果に戻る

44名86句 森山文切選
育休の代替ですし夜を買う むぎのあわ
どうやって繋ごう切れた赤い糸 真島凉
そーめんで細々凌ぐ老いの夏 枯山水
たましいが透き通るまであと二回 海月漂
神輿美女ピアスきらりと輝いて 阿部千枝子
囲われる覚悟聞けずに暮れる道 峰岡名負人
子宮からちるちるみちる糸になる 芍薬
熱帯夜寝不足気味の扇風機 武良銀茶
あの世へのガイド集まる盂蘭盆会 敏治
この国に生まれちまって鷹の世話 秘まんぢ
モシモシと亀に言葉をかけられる 麦乃
ビル街に月の欠片が見えている 須賀琉
月を背負えよ少年の青き肌 秋鹿町
白線の内側にいる蟻の列 まさよし
臨月に機密盗んだ菩薩像 あまの太郎
画面から妖しく招く雪女 アオイ琉星
ananの特集ギャルの血はミルク 尾崎良仁
補聴器を外しムンクの絵に入る 藤沢修司
叩いてごらんよとんぼのいた場所を 斎藤秀雄
テーブルに指環海月になる時間 岩根彰子
親父バンドに嵌る第三反抗期 ヨッシー
蹴出しから艶めく脛の阿波踊り 八郎
ちんちんがパンダでなけりゃ何なのだ たにゆめ
兵隊を止めているのか地平線 くみくみ

致死量を客に量らすセルフレジ 福村まこと
言いわけは受けつけません備考欄 冬子
ポイントは書き順だった薔薇の文字 小林祥司
校庭に夜間飛行のくじらぐも 若枝あらう
先っぽにソフトクリームなりの意地 西沢葉火
恐妻が消える魔球をキャッチする よーこ
評:諦めるな。まだ3号がある。
アイライン濃く黒豹になると決め くに
評:戦闘準備万端
サンダルを黄色に塗って海へ行く 真島芽
評:残り少ない夏を満喫しよう!

「第122回(2018/8/5-8/11投句分)」への1件のフィードバック

  1. 第122回発表しました。

    今回は上限ギリギリの32句入選です。おかげさまで投句者数が増えておりますので、その分入選率は下がりますが気長に気楽にご参加いただけたら幸いです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)