第120回(2018/7/22-7/28投句分)

投句フォームと結果に戻る

47名91句 加藤当白選







ひと言の間合いで負けた口喧嘩 彦翁
日曜は甲羅を脱いで干しておく 冬子
荷崩れは些細な嘘ではじまった 冬子
玄関で葉っぱを取って父になる まさよし
古参兵お辞儀の角度責めてくる 武良銀茶
念願を果たせとダルマ白目むく 小林祥司
朝食べて夕に吐き出すビルの街 小林祥司
割り引いた手形のようなキミの顔 水品団石
熟れている柑橘類に嫉妬する 霧島龍
手に入れるなりたい人になる鏡 麦乃
古里が遠くなる歳取ったから 颯来
嫌なこと忘れるための苦しさよ  風間なごみ
すぐ凹む性質だが弾むのも速い   風間なごみ
ふるさとが無いので妻の背を洗う 尾崎良仁
ひまわりに書き込む夏の時間割 ヨッシー
名をつけてしまったモノは手ばなせぬ 澁谷さくら
半分寝てるとひらめきやって来る アオイ琉星
飲み残しのコーヒー浮かび上がる嘘 はな
はっふんと空をほうばる現在地 くに
生きながら樹皮を喰われて白骨樹 くに
明日は雨痛み知らせる手術跡 田原勝弘





窓枠にしがみ付いてる自己顕示 八郎
喝采に打たれたかったトタン屋根 西沢葉火
蜘蛛の巣に蟹座のあなた感電死 秘まんぢ
底なしの沼に落ちてもお味噌汁 徳重美恵子
赤ちゃんのグーに真新しい銀河 海月漂
五丁目の全部のネジが盆踊り 尾崎良仁
評:誰が欠けてもグラつく絆。古き良き昭和の風情。
大木に生かされている命綱 阿部清明
評:信頼に足る根の深さと見極めてのこと。
教室の壁にノンフィクションの傷 森山文切
評:いずれ解体されて瓦礫になろうとも、15歳の傷はオマエを忘れない・・・
森山文切選







荷崩れは些細な嘘ではじまった 冬子
窓枠にしがみ付いてる自己顕示 八郎
玄関で葉っぱを取って父になる まさよし
古参兵お辞儀の角度責めてくる 武良銀茶
色紙の八百屋リアルなおままごと 芥子
賭博開帳図利罪     夏のハムレット いなだ豆乃助
除草剤撒いて部屋から眺めてる 鮎川弘子
熟れている柑橘類に嫉妬する 霧島龍
雨風が去れば折りたたまれるボク 藤沢修司
幸福の果てまでとんぼついてくる 斎藤秀雄
喝采に打たれたかったトタン屋根 西沢葉火
梅干しと呟きながら砂丘まで 芍薬
かき氷分け合いアツくなってゆく かしくらゆう
年表に徘徊止まぬ元右翼 福村まこと
五丁目の全部のネジが盆踊り 尾崎良仁
名をつけてしまったモノは手ばなせぬ 澁谷さくら
二切れの鰻がうまい誕生日 東川和子
台風ニュース早口になってくる 東川和子
赤ちゃんのグーに真新しい銀河 海月漂
交尾するのも馬鹿馬鹿し蝉鳴かぬ 菊池洋勝
狂い出すサンバのリズム夏祭り 伊藤みこ





ニッコリと笑う引き分け匂わせて 芥子
パトカーの中で教わる黙秘権 水品団石
蜘蛛の巣に蟹座のあなた感電死 秘まんぢ
ふるさとが無いので妻の背を洗う 尾崎良仁
飲み残しのコーヒー浮かび上がる嘘 はな
炎天の仕組みがわかるセミナーへ 斎藤秀雄
評:対策はできないけど、悔しいから仕組みくらいは。
ひまわりに書き込む夏の時間割 ヨッシー
評:あれっ?案外やることが多いな・・・
老いの坂そろそろ「ん」の背が見える 藤沢修司
評:お父さんの背中は大きかった。私の背中はどうだろうか。

「第120回(2018/7/22-7/28投句分)」への3件のフィードバック

  1. 私も同じです。
    バタバタして投句を忘れてしまいました。
    加藤当白様、森山文切様、申し訳ありません。

    当白様、また選者を行ってください。
    その時は、投句をさせてください。

  2. バタバタして…投句を…すっかり…忘れていました…涙

    当白さん、また選者をお願いします。
    次は必ず挑戦します!

    本当にごめんなさい:;((ɔ°ө°c));:

  3. 第120回発表しました。

    加藤当白さんにはお忙しい中早々に選をいただきました。ありがとうございました。

    投句フォームにはすでに記載していますが、第121回受付分から毎週web句会の入選句の上限を32句とします。「3割以上5割以下」はこれまでと同じです。具体例は投句フォームに示しておりますのでご確認ください。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)