毎週WEB句会第100回

毎週WEB句会第100回 要項
自由吟おひとり2句まで
毎週WEB句会平成30年3月4日から3月10日投句分

真島凉、真島芽、森山文切 共選

共選選者についての参考記事
http://www.saga-s.co.jp/articles/-/165744
(平成30年1月3日付佐賀新聞)

真島凉自選3句
太陽を真ん中に描く平和な日
騒音の中で透明人間に
綱引きで私の夏を引き寄せる

真島芽自選3句
スタートの音はお花が開く音
六月の種を神様からもらう
ブランコと一緒に聞いた五時の音

「毎週WEB句会第100回」への4件のフィードバック

  1. 凉ちゃん芽ちゃんとは、2018初の最大級のサプライズ。
    8年前の川柳塔まつりで、どちらかが最多入選者だったと記憶しています。
    それ以来、前を走っている可愛いライバル。年に2回しか会わないが、必ず「澄み切った呼名」を聞いている八十路のじいさんとして、ガンバリマッセ!

    1. 敏治さま
      コメントありがとうございます。驚いたでしょう?ふふふ・・・
      力作お待ちしております。

  2. 川柳界きっての若手選者勢ぞろい
    面白そう~。
    3月4日から~?ひな祭りが終わってからですね。
    思い切り婆ちゃんポイ句を出すのも“手”かも?
    いずれにしても楽しみです。

    1. たかこさま
      コメントありがとうございます。

      太陽を真ん中に描く平和な日
      六月の種を神様からもらう

      それぞれ1句だけでも実力が推し量れます。おふたりとも川柳歴は私よりはるかに長いですし、どのような選になるのか私も楽しみです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)