毎週WEB句会結果(直近5回分)

毎週WEB句会没句集(第1回-第60回分)公開中

毎週WEB句会投句はこちらから

連絡事項は随時下部のコメント欄に記載していますのでご確認ください。

毎週WEB句会は原則木曜日更新です。管理人の仕事の都合で月曜になったり、金曜になったりと更新曜日がずれると思いますがご了承のほど何卒よろしくお願い致します。

2017年

第79回 10月8日-10月14日分(23名44句) 自由吟 森山文切選
  ローソンの誘蛾灯からビッグバン 西沢葉火
政治家の読唇術にきぼうない masayoshi
ニセモノも造る年月人の時
嫌だったあなたを好きにした時間 くに
正直なものよ新米炊けば残らない アゲハ
猛烈に働き抜いてあぁ化石 森田旅人
励ましと知らずに聞いた師の苦言 圦山繁
スクランブルエッグのボクとサヨウナラ 麦乃
絵筆とり目の輝きを取り戻す 孝代
満月が自傷行為を繰り返す 藤沢修司
チャオだけでイタリヤの旅無事終わる 敏治
私の勝ちバラが囁く昼下がり はな
評:周りに聞こえないように。
口笛を吹くまで淑女顔作る 福村まこと
評:口笛を吹く機会がなかなか来ない。
陣羽織ひらひら蝶は秀吉ぞ 岩根彰子
評:北朝鮮を目指す蝶
第78回 10月1日-10月7日分(24名47句) 自由吟 森山文切選
  言い訳の多い女の目がきつい 風間なごみ
影法師伸びて笑った声がする 鈴鳴うた猫
松茸がなにさ新米栗ご飯 撫子
おっと危ない月に魅せられかぐや姫 はな
記憶だけリセットされて君の前 むぎのあわ
そわそわと集い複雑ハルキスト 森田旅人
時々は止まる時計が好きでした くじょうまる
満月とコトコト汽車に揺られてる 岩根彰子
衣替えするから肩の凝る季節 彦翁
秋デート栗まんじゅうを半分こ 藤井康信
道示す指にまだある深い欲 福村まこと
佳作 ここが変ハッキリ言えぬウエハース 若芽
お早うと監視カメラに媚びを売る 敏治
父の背は越せぬ壁ではなくて盾 藤沢修司
欲しかった銀色そっと手を伸ばす 尾崎良仁
ジョーカーの扱い受けている介護 徳重美恵子
標本にするか干物にしておくか 西沢葉火
評:見るか食べるか。
地球儀をくるくる敵をやっつける 麦乃
評:目が回るぅ〜
スピーカーからは昭和のドウナッツ masayoshi
評:懐かしさの重なり
第77回 9月24日-9月30日分(22名43句) 自由吟 森山文切選
  遊ぶなよ社命か軽のレンタカー 芥子
さわれない空さわらしてくれる海 くに
夏終わりソフトクリーム食べる秋 鈴鳴うた猫
振り向かず貴方の声を抱きしめる やっこ
何でもない日が裏切りの楔打つ はな
曼殊沙華手の甲までも染まりそう 若芽
揺れる地に懲りず穴掘る二本足 福村まこと
初めてのくちびるいつも持ち歩く 尾崎良仁
佳作 みんな逝く楢山だから競わない 風間なごみ
新米が栗の実待っているコラボ 彦翁
Jアラート度々鳴ってチラ見する 徳重美恵子
ポケットで踊っています走り書き 麦乃
真ん中に天橋立たてかける 岩根彰子
バチ持てば血が騒ぎだすおじいちゃん 阿部千枝子
評:体全体で騒いでほしい。
悲しくはなくてカーネル・サンダース 西沢葉火
評:ほんとうは悲しいくせに。
ドラえもんの耳なら闇鍋で食べた 藤沢修司
評:ドラミちゃんの耳は入っていませんでした。
第76回 9月17日-9月23日分(20名39句) 自由吟 森山文切選
  監視カメラの死角を探しハグをする 藤井康信
今宵は満月上八ぐらい許されよ 敏治
余白には青い柿の実ひとつある 彦翁
想像の海に溺れて深呼吸 芥子
挨拶で島に溶け込むI ターン 孝代
どっぷりと秋だ秋だと赤とんぼ アゲハ
国境を跳ねるうさぎは行き来する くじょうまる
開けるまで隙を見せない二重底 福村まこと
くるぶしが造り物だと主張する 西沢葉火
挨拶禁止エレベーターの屁の行方 森田旅人
評:おへようございます禁止
生臭い息を吐くまだ大丈夫 阿部千枝子
評:周りは大丈夫じゃないかもしれない。
WEB上の風船叩き割って秋 むぎのあわ
評:秋は意外なところから。
第75回 9月10日-9月16日分(23名46句) 自由吟 森山文切選
  筋トレ脳トレ老いの一日忙しい 敏治
乱筆もパソコンよりは味がある 孝代
年老いて貫き通す処世術 パッキー
レジまでも人情薄れIT化 撫子
ブレーキが利かない想い持て余す 萩の花
引退をそろそろしたい雨女 はな
下敷きのバリアの上で殴り書き 徳重美恵子
隣席の政治論聞くティールーム 宮野みつ江
この星を軽々背負って蝉は死ぬ 西沢葉火
青紫蘇を残暑見舞いに連れてゆく 岩根彰子
九十の親から鞭を与えられ 麦乃
クラス会嘘が滴り落ちている 藤沢修司
評:気が付いてもそのままにしておくのが礼儀です。
足だけが息をしている終電車 福村まこと
評:足から上は死んでいるよう。そういう、あなたも。
轢かれてるペットボトルを轢いていく くに
評:轢かれることが存在意義であるのなら。

直近5回より前の結果

「毎週WEB句会結果(直近5回分)」への78件のフィードバック

  1. うっわ、びっくりしました。
    まさかお二人から天をいただけるなんて~
    毎週は投句できませんが、これからも
    注目していますね。

    1. ご投句ありがとうございました&天おめでとうございます。今後も気が向いたときにご投句いただけたら幸いです。

  2. 混ざりたくないからずっと「る」のカタチ   くに

    すごいこの句。詠んだくにさんも天に選んだ文切さんにも
    心から拍手。
    「る」の形って誰にも邪魔されたくない、自分だけの世界だよ
    って拗ねているような…心の中が映し出された句ですね。
    (なんか変なコメントかな?)

    1. コメントありがとうございます。
      体育座りでぽつんと座っている子が、「混ざりたくないから」と強がっているのをイメージしました。かといって暗さは感じさせません。「る」のとがった部分、まるい部分と句の主張がマッチしていると感じました。

  3. 第68回発表しました。
    第70回の外部選者は、岩手の德田ひろ子さんにお願いしました。
    7月30日の松江市川柳大会でナンパしました(笑)
    みなさまのご投句をお待ちしております。

    1. 天の句に選んでいただき、ありがとうございます。二回目でした。とても嬉しく、励みになります。これからもよろしくお願いします。

      1. いつもご投句ありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

  4. 第63回発表しました。

    本ページの「投句はこちらから」のリンクが切れていたようです。
    ご投句いただけなかった方、申し訳ございませんでした。
    修正しましたのでご確認お願いいたします。

  5. 第60回発表しました。
    まゆみさん、お忙しい中選をいただきありがとうございました。

    今回からゲスト選者の方にも評をいただくようにしました。
    ゲスト選者と共選の時は、平抜き句と佳作は到着順です。

  6. 第59回発表しました。
    今週受付分は60回記念で宮崎のさわだまゆみさんと管理人の共選です。
    管理人一人の選では、平抜き句も佳作もいい順に並べて発表しておりますが、10回ごとの記念句会は平抜き句、佳作は到着順です。ご了承願います。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)