毎週WEB句会結果(直近5回分)

毎週WEB句会投句はこちらから

連絡事項は随時下部のコメント欄に記載していますのでご確認ください。

毎週WEB句会は原則木曜日更新です。管理人の仕事の都合で月曜になったり、金曜になったりと更新曜日がずれると思いますがご了承のほど何卒よろしくお願い致します。

2017年

第70回 8月6日-8月12日分(25名49句) 自由吟 德田ひろ子選
 平抜句
(到着順)
八月は平和を心から祈る 彦翁
ふたりきり苦味とぬるさ増す珈琲 むぎのあわ
願わくば花火のままでいたかった 西沢葉火
凄いよと褒めちぎられて木に登る パッキー
A4の余白にもある黙秘権 森山文切
お茶碗と湯のみが一つ遠花火 福村まこと
伝えたら淋しくなってしまいます くに
もうそろそろですよとお茶を替えられる 片山かずお
佳作
(到着順)
ミサイルを花火のように打ち上げる 彦翁
縦横に苦労交わる笑い皺 武良銀茶
雲の峰そこから秋が見えますか 敏治
イエスマンひそかに爪を研いでいる 徳重美恵子
孫が来る猛暑もなんのそのの妻 森田旅人
相似形すくすく育つパンダの子 わこう
交差する君と僕との赤信号 鈴鳴うた猫
殴り込みして行ったのか通り雨 青砥たかこ
森山文切選
 平抜句
(到着順)
行き先は知らない猫に聞いてよね 麦乃
声の無い巣箱に蜘蛛が張った弦 西沢葉火
願わくば花火のままでいたかった 西沢葉火
正解を見つけられない大人です 徳重美恵子
男親寄り添う側の人でした くじょうまる
相似形すくすく育つパンダの子 わこう
素麺を茹でながら飲む缶ビール 青砥たかこ
伝えたら淋しくなってしまいます くに
佳作
(到着順)
もぐらが覗くおけらが覗く夏の月 丹下凱夫
雲の峰そこから秋が見えますか 敏治
ひと房の葡萄の重み種がない くじょうまる
お笑いの毒で剥ぎ取る世間体 福村まこと
お茶碗と湯のみが一つ遠花火 福村まこと
今朝は三匹蝉のお墓に手を合わせ アゲハ
逃げても逃げても東京に捕まる 尾崎良仁
殴り込みして行ったのか通り雨 青砥たかこ
第69回 7月30日-8月5日分(16名31句) 自由吟 森山文切選
  原爆の嘆き続いているドーム 阿部千枝子
溶け落ちて夏の落暉の溜まる場所 御泉水
千代紙を切れば満月折れば星 星野変哲
片耳の月が聴いてる妻の愚痴 麦乃
鉛筆が丸くなったら強い顔 西沢葉火
銀河系そっと旅するボツ花火 徳重美恵子
間取図に誰も知らない部屋がある 福村まこと
スッピンの月が忍び足の真昼 藤沢修司
絵葉書にうすい歯形のメッセージ 福村まこと
信号の青が続いて淋しい日 平井美智子
100均のいつもの棚に僕の顔 尾崎良仁
評:いつもの棚に映った僕の顔。少し歪んでいる。
諦めるなまだため息が残ってる 敏治
評:自分に厳しいのはいいことばかりではない。ため息は休息のために取っておいてほしい。
混ざりたくないからずっと「る」のカタチ くに
評:五人集まれば、るるるるる。
第68回 7月23日-7月29日分(20名39句) 自由吟 森山文切選
  UFOを真面目に呼ぶよ視聴率 芥子
若き日の焼きもち焼いた妻いずこ パッキー
ネクタイを外し人間らしい夏 彦翁
親の血を引いて腕より口が立つ 片山かずお
迫る老い払うドレスとハイヒール 森田旅人
蜘蛛の糸今日が徒労だとしても くじょうまる
スポットはすぐ隣まで当たるのに 藤沢修司
冷房が効きすぎ縮む三葉虫 麦乃
佳作 猛暑日に氷河を撃った捕鯨船 福村まこと
上向きのヘッドライトのような夏 永見心咲
シンデレラ呼ばれず朽ちる砂の城 鈴鳴うた猫
栞さえ挟めぬほどの恋をせよ 尾崎良仁
本心はタップをしても表れぬ くに
WEBから松居一代がこぼれ出る  風間なごみ
評:WEBの限界
忖度をしてたら溶けた角砂糖 敏治
評:証拠も溶けました。
ワイシャツの折り目に支配されている 西沢葉火
評:私もです。
第67回 7月16日-7月22日分(18名33句) 自由吟 森山文切選
  青のまま死を覚悟するミニトマト 阿部千枝子
楽しげに揺れる木の葉と恋心 鈴鳴うた猫
ブランコをちょいと揺らしただけの恋 ちゃくし
棒の先僕は健気に回る皿 撫子
指の先乾いてスマホ動かない 森田旅人
帯広の避暑地はどこという猛暑 masayoshi
ネットスーパーアイスも持ってきてくれる 徳重美恵子
残業の黒コンビニサラダの青 藤沢修司
日が暮れて体が変わるから困る 藤沢修司
厭世の利き手で握る補水液
誤字消したメモの汚れに救われる 福村まこと
評:真剣なメモ
裏側はこんがらがっている影絵 西沢葉火
評:影絵から汗が。
にんげんの離れにもらう借地権 くに
評:にんげんが苦手な方向けとなっております。
第66回 7月9日-7月15日分(17名33句) 自由吟 森山文切選
  丸いから追いかけっこが終わらない 麦乃
あくびするふりして流す泪には 宮坂変哲
ほぅと息吐けば蛍となる今宵 御泉水
甚平の三時のおやつトコロテン 彦翁
ぬる燗に故郷も友も液状化 藤沢修司
熱帯夜虫が始める無礼講 福村まこと
真実を探れば辿り着く破滅 敏治
被災地がまた増えましたお月さま くに
野良猫に涼風の抜け道を訊く アゲハ
クリッククリック想い出が拡大 くに
メモの上ト音記号を置いて行く 西沢葉火
シャッター街万策尽きて猫カフェ くじょうまる
評:万策尽きるまで新しいものを取り入れない体制はよろしくないですね。
ユニクロの四角い文字の生き様よ 尾崎良仁
評:カタカナとアルファベットで生き様が違いそう。
甘そうな風探してる風見鶏 敏治
評:見つかってもそう長くは続きません。

直近5回より前の結果

「毎週WEB句会結果(直近5回分)」への65件のフィードバック

  1. うっわ、びっくりしました。
    まさかお二人から天をいただけるなんて~
    毎週は投句できませんが、これからも
    注目していますね。

    1. ご投句ありがとうございました&天おめでとうございます。今後も気が向いたときにご投句いただけたら幸いです。

  2. 混ざりたくないからずっと「る」のカタチ   くに

    すごいこの句。詠んだくにさんも天に選んだ文切さんにも
    心から拍手。
    「る」の形って誰にも邪魔されたくない、自分だけの世界だよ
    って拗ねているような…心の中が映し出された句ですね。
    (なんか変なコメントかな?)

    1. コメントありがとうございます。
      体育座りでぽつんと座っている子が、「混ざりたくないから」と強がっているのをイメージしました。かといって暗さは感じさせません。「る」のとがった部分、まるい部分と句の主張がマッチしていると感じました。

  3. 第68回発表しました。
    第70回の外部選者は、岩手の德田ひろ子さんにお願いしました。
    7月30日の松江市川柳大会でナンパしました(笑)
    みなさまのご投句をお待ちしております。

    1. 天の句に選んでいただき、ありがとうございます。二回目でした。とても嬉しく、励みになります。これからもよろしくお願いします。

      1. いつもご投句ありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

  4. 第63回発表しました。

    本ページの「投句はこちらから」のリンクが切れていたようです。
    ご投句いただけなかった方、申し訳ございませんでした。
    修正しましたのでご確認お願いいたします。

  5. 第60回発表しました。
    まゆみさん、お忙しい中選をいただきありがとうございました。

    今回からゲスト選者の方にも評をいただくようにしました。
    ゲスト選者と共選の時は、平抜き句と佳作は到着順です。

  6. 第59回発表しました。
    今週受付分は60回記念で宮崎のさわだまゆみさんと管理人の共選です。
    管理人一人の選では、平抜き句も佳作もいい順に並べて発表しておりますが、10回ごとの記念句会は平抜き句、佳作は到着順です。ご了承願います。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)