2016年2月1日掲載分

天賞
無器用が踏み出して行く足を持ち 那覇 たまきさちこ
地賞
童顔が説得力を弱くする 西原 糸数幸昌
人賞
小波も立たぬ遺産がもの足りず 読谷 島尻卓
奨励賞
肝グクル新成人のゴミ拾い 那覇 与儀千鶴子
佳作
過年度の賀状でどうもすみません 与那原 与那嶺貞男
 お年玉その場で覗く男の子 那覇 村吉政常
 エビス顔みたら怒れぬ午前様 北中城 国吉安子
 句作りに目を閉じてたら寝てしまい 沖縄 安慶名五郎
 餅を焼く昔火ばちで今レンジ 那覇 山内昌一
 三が日過ぎて始めるダイエット 恩納 伊芸元一
 孫そろい我が家はまるで猿の山 北中城 高松呑海
 新春へ絆が続く年賀状 浦添 比嘉靖和
 人間を物に例えるナンバーだ 豊見城 垣花幸雄
 胃袋を七草がゆで大掃除 糸満 佐久本小豆
 ウォーキング何時もの距離を足が止め 沖縄 新里利夫


奨励賞与儀さん:感動したことを、さらりと句に仕立てられました。一日一句を、目指して頑張ってください。
佳作村吉さん:日常生活の中で見つけたことを、気負わず五七五のリズムに乗せられました。気になった場面をノートにどんどん書いて後で五七五に仕立てるのも良いですね。

2016年1月25日掲載分

天賞
未来地図希望の色で描きたい 那覇 後盛秀行
地賞
いい夫婦褒め合うことで半世紀 うるま 上運天米子
人賞
税金で辺野古の海を埋め立てる 那覇 渡嘉敷唯正
奨励賞
好奇心味方につけて一歩踏み 那覇 上原とよこ
佳作
深海の不思議地球が夢みている 宜野湾 真栄城久枝
プレゼント困る場合もきっとある 読谷 島尻卓
グルメ旅体重計が悲鳴上げ 那覇 たまきさちこ
顔上げて口まであけて花火見る 北中城 小松呑水
悪ふざけ蹴られて分かる向こう脛 沼津 木俣くにとし
元気です予定こなして今日も暮れ 那覇 大城千鶴子
ここだけのウケるつもりがひとり浮き 北中城 稲福日出夫
住みなれた暮らし潤う那覇の街 那覇 赤嶺良夫
頑固者転んで起きて丸く成り 恩納 伊芸元一
古稀過ぎてそれぞれの日に個性あり 那覇 池村ヤスコ
あれこれと口ぐもる友気にかかり 石垣 黒島春


天賞後盛さん:そうですね。希望の色はきっと幸せ色ですよね。人それぞれに違う色を想像させるすてきなポエムですね。
佳作小松さん:何げない人間のしぐさを見つけ、五七五にまとめられ、楽しい川柳になりました。

2016年1月18日掲載分

天賞
接待も教科書どおりやってます 西原 糸数幸昌
地賞
本物はひと味違う気品あり 読谷 島尻卓
人賞
アップダウンあって人生面白い 宜野湾 崎山としこ
奨励賞
本心を少し控えて和を保つ 宜野湾 多良間典男
佳作
スーパーで一円足りず品戻し 沖縄 新里利夫
鏡餅来年までもカビしない 浦添 上原盛徹
人間をゴボウ抜きするゲート前 浦添 比嘉義央
門松を拝み倒して福願い 宜野湾 當山稔
パーティーは女子どもで盛り上がり 北中城 佐久本盛明
脳トレに新聞一紙今日も暮れ 北中城 豊原海人
一年の速さが違う今昔 那覇 村吉政常
賑やかに装う涙のみこんで 北中城 国吉安子
イルミネが暗い雰囲気ふきとばす 那覇 山内昌一
贅沢もたまには良いね年金日 読谷 高良秀光
賑やかな時ほど後のさびしさよ 北中城 大屋みゆき


天賞糸数さん:おもてなしは、人の心のぬくもりが大切ですのに、マニュアルを見ながらきっちりと、やっている人がいます。教科書どおりの表現が言い得て妙ですね。
人賞崎山さん:ある程度年齢を重ねてしか得られぬ境地かと思います。今悩む日を過ごされている人たちへのエールと受けとめたいですね。

2016年1月11日掲載分

天賞
日本語の限界示すカタカナ語 那覇 渡嘉敷唯正
地賞
行軍のように進んでゆく審議 八重瀬 森山文切
人賞
下手なほどマイク離さず喉自慢 沖縄 垣花鷹志
奨励賞
恋敵古希の記念に仲直り 那覇 山内昌一
佳作
新基地はいらぬ民意に杭を打つ 名護 仲村繁一
初日には歓喜の歌が良く似合う 読谷 高良秀光
後悔が時々顔をのぞかせる 那覇 大城千鶴子
色褪せぬ絆賀状で認めさせ 沼津 木俣くにとし
沖縄の視線の先にある平和 宜野湾 宮本正
病院の薬の山で生きている 宜野湾 羽地恵雄
有識者見識者とは限らない 読谷 島尻卓
エゴ強し離合集散繰り返す 石垣 松本敏
ゴミと塵どう違うのか孫が聞く 浦添 上原盛徹
あの頃に気付いておれば赤い花 北中城 稲福日出夫
日向ぼっこ天日干しだと好々爺 那覇 城間康祐


奨励賞山内さん:恋のライバルとは、どちらが勝者だったのでしょうか?それはともかく、古希の記念に仲直りとはしゃれていますよね。良かったですね。
佳作木俣さん:日ごろご無沙汰している人から年賀状が届いた。忘れてはいなかったのだとあらためて絆の深さを認識した。そんなうれしいことはないですよね。

2016年1月4日掲載分

天賞
猿年の顔で真っ赤な初日の出 糸満 山城のぶう
地賞
ロボットがライバルになる近未来 那覇 たまきさちこ
人賞
警備艇辺野古の海で鬼ごっこ 北中城 高松呑海
奨励賞
覚悟決め10年日記買いました 那覇 城間康祐
佳作
お正月財布の中身気にかかる 那覇 赤嶺良夫
幸せと思えば憂いが逃げて行く 沖縄 比嘉典子
貧乏もやりくりというおもしろさ 南風原 糸数永教
声かけてくれたが誰か分からない うるま 森山里香
孫たちに美技見せたくて首痛め 南風原 仲宗根恵栄
句作りは十人十色自画自賛 宜野湾 當山稔
朝メシを抜いて楽しむバイキング 宜野湾 池間重光
食卓が笑いはじける三世代 北中城 宮城好博
焼きたてのパンによろめくダイエット 沖縄 宮城春美
チョコもらい義理か本気か眠れない 北中城 国吉安子
五七五夫婦の会話花開く 那覇 池村ヤスコ


今年はさる年です。見ざる・聞かざる・言わざるという三猿の教えもありますが、私たちはしっかりと見て、聞いて、言いたいことを五七五のリズムに乗せて発信したいものですね。皆様のユニークで明るい川柳を今年もお待ちしています。

2015年12月28日掲載分

天賞
衣食住足り健康長寿欲しくなる 那覇 たまきさちこ
地賞
披露宴てこずった娘が謝辞を述べ 読谷 島尻卓
人賞
締め過ぎて水道栓がバカになる 那覇 渡嘉敷唯正
奨励賞
五十年トイレの掃除忘れない 那覇 赤嶺良夫
佳作
階段を一段下りるたび許す 八重瀬 森山文切
聞くふりもエネルギーいるデイケアー 那覇 上原とよ子
光なきピアノの音が身に沁みる 宜野湾 崎山としこ
残したい言葉集めて杖にする 那覇 内間豊子
ビタミンとつけば何でも飲みたがる 東京 宮里和子
誘惑に勝って侘しく日も暮れる 沼津 木俣くにとし
泡盛に元気をもらう失意の日 那覇 池村幸夫
ステキねと言われて毎夜通いづめ 北中城 小松呑水
宴会が夜から昼へ悟る老い 糸満 玉城堅義
目を閉じて爆買いの日々懐かしむ 那覇 後盛秀行
爺座りとなりの女席を立ち 那覇 城間康裕


奨励賞赤嶺さん:トイレの神様はさぞ喜んでいらっしゃる事でしょう。当たり前の事ですが、心掛けたいですね。
佳作上原さん:辛抱強くそして心優しい人でないと、なかなか難しい。エネルギーがいるもんですよね。

2015年12月22日掲載分

天賞
酒やめた途端に呆けの副作用 糸満 山城のぶう
地賞
善い言葉だけを仕分ける耳欲しい 那覇 友寄青美
人賞
ひとり旅一期一会が待っている 那覇 たまきさちこ
奨励賞
新しい絆手を取り共白髪 読谷 高良秀光
佳作
脳以外どこも悪くはありません 糸満 伊佐真行
群れのボス威厳と無言光ってる 糸満 佐久本小豆
出席と届いたハガキ名前無し 那覇 後盛秀行
境界を言い合う中に落葉散る 沼津 木俣くにとし
置き手紙読んで初めて本音しる 西原 糸数幸昌
飽食へ粗食を好む高齢者 宜野湾 平良光弘
ブランデーグラスに映る彼に酔う 今帰仁 永井えいこ
昼は寝て夜な夜な起きる不眠症 浦添 比嘉義央
言い訳を先に考え結果待つ 那覇 村吉政常
サングラス年をかくして目も守る 那覇 山内昌一
年の瀬にハードル下げるダイエット 恩納 伊芸元一


地賞友寄さん:何気なく言った言葉が他人を傷つけることだってある。善悪の言葉を仕分ける耳・・・誰もが欲しい耳ですね。
佳作伊佐さん:楽しい!これぞ川柳だよね!と、うれしくなりました。
佳作後盛さん:名前無しでしたか。困りましたね。投稿ははがきにも名前無しの方もいらっしゃいましたよ。投函する前に確かめましょう。

2015年12月14日掲載分

天賞
老いた耳優しい声へ寄って行く 宜野湾 崎山としこ
地賞
咲くときは周りに告げてからにする 八重瀬 森山文切
人賞
話好き悪い人などおりません 読谷 島尻卓
奨励賞
力にも傘にもなって共白髪 糸満 名嘉真静子
佳作
爆買いで大声ひびく那覇の街 那覇 渡嘉敷唯正
ハミングが聞こえる妻の台所 糸満 名嘉真宣儀
うさ晴らす笑い元気の処方箋 沖縄 宮城春美
飽食が罪なら罰は肥満体 宜野湾 高橋けい子
増えている旅の土産と体脂肪 那覇 嘉数美智子
エプロンが似合う頃には角が出る 那覇 内間豊子
同期会行く行かないで締め切られ 読谷 照屋ユリ子
老婆心ほっとけなくて手足でる 宮古島 安谷屋郁
入選に数打ちゃ当たる友が言う 浦添 上原盛徹
還暦は元気土産に里帰り 宮古島 洲鎌すみこ
捨てられぬ実家の写真愛が染み うるま 上運天米子


天賞崎山さん:ほんとそうですよね。役所とか、銀行、大病院では老いの身は笑顔で優しく対応してくれる窓口へ行きますね。
佳作名嘉真さん:奥様はこれから外出するため、ご主人の料理を準備しているのでしょうか。ちょっと気になるところですね・・・。