平成28年3月28日掲載分

天賞
ダイコンの花に質素な気品見え 読谷 島尻卓
地賞
石橋を叩いていつもおいてかれ 沼津 木俣邦捷
人賞
占い師天気予報が妬ましい 那覇 渡嘉敷唯正
奨励賞
島くとぅば語る園児の得意顔 那覇 可愛元子
佳作
平御香家族の祈願初拝み 宜野湾 崎山としこ
若作りしたばっかりに小間使い 宜野湾 高橋けい子
見舞うたび元気をくれる百二歳 那覇 上原とよ子
あなたならできると言われ無理をする 那覇 大城千鶴子
不倫した議員再起はなし得るか 北中城 佐久本盛明
定年後テレビリモコン妻のもの 那覇 池村幸夫
他人にはやさしい夫妻にグチ 読谷 石嶺つる子
定年を迎えて妻は旅立った 北中城 伊達政仁
計らずもバレンタインが誕生日 那覇 城間康裕
生きてたのこれが挨拶同期会 那覇 村吉政常
若いねと声かけられて腰のばす 恩納 伊芸元一


奨励賞可愛さん:保育園で沖縄語の読み聞かせをなさっているとのコメントもありましたが、素晴らしいですね。「継続は力」その結果は10年後20年後に花開くでしょう。
佳作村吉さん:「アイ!あんた生きていたの?」と笑い合う同期会の風景が見えるようです。楽しい川柳に癒されます。

平成28年3月21日掲載分

天賞
行動をすればワタシが軽くなる 八重瀬 森山文切
地賞
子が巣立ち夫婦の時間試される 宜野湾 多良間典男
人賞
定年後やりたい仕事逃げて行く 那覇 屋良朝淳
奨励賞
目に見えぬ仏に近い先祖さま 那覇 赤嶺良夫
佳作
紅白で昭和の歌が消えていく 那覇 たまきさちこ
自販機のお茶一杯に癒される 糸満 山城のぶう
マネキンが人の手借りておしゃれする 宮古島 安谷屋郁
次男坊兄のしくじり見て学ぶ 東京 宮里和子
ケチな人黙っていればいい男 読谷 高良秀光
叩いても出るわ出るわ金疑惑 石垣 松本敏
生き甲斐が増え長生きをしたくなり 那覇 下地安子
高鼾慣れてしまえば子守歌 南風原 糸数永教
気にかかるカラスの視線ゴミ出し日 恩納 伊芸元一
年金日笑みと優しさ寄って来る 那覇 内間豊子
大寒に瀕死の魚つかみ取り 宮古島 洲鎌すみこ


地賞多良間さん:新婚の二人から始まり子が巣立ち、また二人だけに戻った。さあどうするか。問題提起さえできる川柳の面白さ!ここにあり。
佳作山城さん:そうですね。いつも持つお茶を忘れた時など、自販機のお茶一杯に「ヌチグスイ」と、しみじみ思いますね。

平成28年3月15日掲載分

天賞
核のゴミ捨て場どうする再稼働 宜野湾 崎山としこ
地賞
茶柱を子どもは指でとって捨て 那覇 渡嘉敷唯正
人賞
斜め読みしては知ったかぶりをする 西原 糸数幸昌
奨励賞
仏壇に向かい故人を忘れない 読谷 島尻卓
佳作
金婚を思えば耐えた日々だった 北中城 小松呑水
冬嵐妻の文句を退ける 那覇 仲田栄松
人の世の節目を飾る祝い酒 北中城 国吉安子
不可解なあなたらしいの褒め言葉 那覇 大城千鶴子
年金日偶数月が好きになる 読谷 照屋ユリ子
トップの座承継果たし安堵する 北中城 宮城好博
ダイエット孫の指導でひとり立ち 那覇 山内晶一
人生の節目求めてはや卒寿 北中城 稲福日出夫
仕事場へハグして送るボーナス日 読谷 新垣喜邦
悲劇だが笑いを誘う村芝居 今帰仁 永井えいこ
閑古鳥なんと鳴くかと客が聞く 読谷 比嘉恵子


奨励賞島尻さん:悲しみにつけ喜びにつけ、仏壇に向かいウートウートウしますよね。父母や先祖を敬う心、感謝の心は継承したいものです。
佳作照屋さん:これぞ川柳のユーモアです。つい、頬が緩んでしまいました。私も偶数月が大好きですよ。

平成28年3月7日掲載分

天賞
晩学へ希望を灯す好奇心 宜野湾 多良間典男
地賞
ストレスを消す即効のコップ酒 糸満 山城のぶう
人賞
叫びたい気分にさせる海の青 八重瀬 森山文切
奨励賞
初恋は化石になった原節子 那覇 たまきさちこ
佳作
若いねと言われて世辞と分かる歳 浦添 上原盛徹
瀬踏みする度に婚期は遠ざかる 沼津 木俣邦捷
脳トレが忘れた夢を呼び起こす 那覇 後盛秀行
金婚の話題に妻は大あくび 北中城 高松呑海
不登校子ども攻めずに親攻める 那覇 池村幸夫
耳よりな情報友を喜ばす 那覇 上原とよ子
沖縄にいつか雪降る夢を抱き 沖縄 与志野理
ヤドカリの見上げたホテル主かわり 那覇 前川真
納豆は期限切れでも恙無し 読谷 高良秀光
軍拡の手始めとなる安保法 豊見城 垣花幸雄
ママ達の値踏み合戦PTA 宜野湾 新川秀明


天賞多良間さん:年齢を重ねてくると、外出するのもおっくうになりがちですが、幾つになっても、好奇心を忘れずに明るく行こうということですね。
人賞森山さん:沖縄の海や空の青さは別格ですね。特にストレスを抱えている時など、思いきり叫ぶと気持ちが良いものです。

平成28年2月29日掲載分

天賞
島ことば科学技術は語れない 那覇 渡嘉敷唯正
地賞
日本の縮図をつまむ晩御飯 八重瀬 森山文切
人賞
スッピンの笑顔鏡に褒められる 糸満 山城のぶう
奨励賞
米寿きた百歳めざし夢を抱く 那覇 東賢一
佳作
初詣で五郎丸まね拝む子等 北中城 仲宗根喜栄
さる年は災い去るにしたい年 読谷 石嶺つる子
予期しない幸せが来た至福どき 那覇 赤嶺良夫
我忘れ合掌してる死亡欄 読谷 知花光子
子の姿どこで芽吹くかわからない 那覇 池村幸夫
かゆい背を掻くため続くストレッチ 宜野湾 宮里幸子
楽しみのダンスカラオケ囲碁五番 那覇 潮平寛英
早起きで体内時計リラックス 読谷 高良秀光
大掃除空き缶集め軍資金 沖縄 新里利夫
ウォーキング決意の日から雨続き 沖縄 江洲眞正
筆不精賀状送らず心待ち 北中城 山之内僕


佳作石嶺さん:そうですよね。災いさるにしたいものです。
佳作知花さん:ほとんどの読者は、まず死亡広告欄から見ているかと思います。沖縄は親戚縁者をとても大切にしますね。そうでなくとも、まず合掌する知花さんのお人柄が川柳から垣間見えます。

2016年2月22日掲載分

天賞
手のひらの夢をころがし明日を待つ 宜野湾 崎山としこ
地賞
民主主義だから語れる主義主張 西原 糸数幸昌
人賞
ご破算にしたい過去なら山とあり 読谷 島尻卓
奨励賞
ボケないと言われ一日一万歩 那覇 池村ヤスコ
佳作
沖縄よ日本復帰はしたけれど 南風原 糸数永教
お歳暮のお酒が菓子に入れ替わる 浦添 上原盛徹
花に水やってる孫の優しい手 那覇 山内昌一
老人会あちらこちらでよっこらしょ 沖縄 松岡隆
酒癖のせいとは酒に失礼だ 北中城 稲福日出夫
モノクロの画像想像掻き立てる 石垣 松本敏
決意して告白したが即ふられ 北中城 宮城好博
誘惑へ三猿借りる初詣で 宜野湾 真栄城久枝
型通りもらって寂しい年賀状 沖縄 垣花鷹志
布団干すおねしょしたのと孫が聞く 糸満 大城正雄
紙とペン身近にあればボケ防止 宮古島 安谷屋郁


奨励賞池村さん:川柳も一日一句作るようにすれば、ボケ防止になるそうですよ。投稿者のみなさんも実行する価値があると思うのですが。
佳作松岡さん:お互いに「ヨッコラショ」と言い合う、その和やかな雰囲気が伝わってきますね。

2016年2月16日掲載分

天賞
初日の出喜怒哀楽の幕を開け 沼津 木俣くにとし
地賞
始まりの合図に揺れているスマホ 八重瀬 森山文切
人賞
愛犬が仲を取り持つ夫婦仲 糸満 山城のぶう
奨励賞
通り雨思わぬ出会い引き寄せる 那覇 内間豊子
佳作
別腹に目当てのランチバイキング 那覇 たまきさちこ
健診日口説いてみたい美人医師 那覇 屋良朝淳
老けてると言われ口角上げてみる 那覇 池村幸夫
理不尽が正義を潰し闊歩する 那覇 後盛秀行
ウチナー世想い起こせるアーカイブ 那覇 仲田恵司
平凡で行こう私のロスタイム 糸満 名嘉真静子
効果なし垂れた目尻にコラーゲン 宜野湾 高橋けい子
母の言う負けるが勝ちを信じきる 那覇 上原とよ子
老いの身に歩け走れとはげまされ 北中城 豊原海人
反省が空回りする二日酔 糸満 伊佐真行
ムーチーに入れ歯とられて大笑い 那覇 城間康裕


天賞木俣さん:喜怒哀楽の幕とは、言い得て良いですね。
奨励賞内間さん:どんなお方と出会ったのでしょうか。ドラマを感じさせるすてきな句になりました。
佳作屋良さん:エッ、美人医師でしたか。これなら病気になっても良いなんて思う男性もいるかも知れませんね。

2016年2月8日掲載分

天賞
豊かさにおぼれて感謝おき忘れ 北中城 比嘉若松
地賞
育児書の通りに行かず子が育ち 宜野湾 多良間典男
人賞
生き延びて今この島に気をもらう 那覇 渡嘉敷唯正
奨励賞
沖縄の海には基地は似合わない 佐賀 岸恵子
佳作
一病を友達として暮らす日々 那覇 宮城やす子
めでたさを松竹梅が祈ってる 宜野湾 小浜廉市
マドンナへ視線が泳ぐクラス会 宜野湾 崎山としこ
同期会出てくる歌は青春歌 読谷 高良秀光
五郎丸ポーズで拝む初日の出 沼津 木俣くにとし
急がない普通列車の旅が好き 宜野湾 宮里幸子
来い来いと来た孫帰し出た疲れ 糸満 玉城堅義
入院に祝い袋で見舞い来る 読谷 宇根節子
今時はメール飛び交う年賀状 読谷 新垣喜邦
北国で降らずに困る雪もあり 沖縄 江洲真正
お年玉準備はしたが誰も来ず 那覇 金城正則


天賞比嘉さん:物があり余り、欲しい物が簡単に手に入るので感謝の気持ちを忘れているのではないのかと、世の中の風潮を風刺した川柳。チクリ刺す、良いですね。
奨励賞岸さん:遠く佐賀県からいつも投句していただきありがとうございます。沖縄の美しい空や海を知っていらっしゃるのですね。これからも応援よろしくお願いします。