森山文切 のすべての投稿

第139回(2018/12/2-12/8投句分)

投句フォームと結果に戻る

51名96句 森山文切選
いっこく堂の間合いで語る特派員 ヨッシー
シマウマがパンダを騙す常套句 あまの太郎
AIが自動忖度致します 柊無扇
検査などご免ここまで生きたから  風間なごみ
履くときは覚悟を決めて白い足袋 阿部千枝子
ふたりとも頬に寝跡がある日の出 原田鴨目
秘め事は渡り廊下の奥の部屋 八郎
星からの白い憎しみ目に刺さる 上篠かける
蟹脚を折れば呪いは解けましょう 岩倉曰
花は勝手に開くものだと勘違い はな
頂上に残されているごはんつぶ 大塚凱
輪郭を思い出せない金閣寺 芍薬
イノシシもブタに恋して水鏡 武良銀茶
サヨナラがピアスホールに突き刺さる 多実果
金環食つなげて知恵の輪をつくる 真中北辰
過去を追う首が雑踏に紛れる 藤沢修司
海底で寝ていたかった微生物 犬井隆太
月光に不起訴処分を言い渡す 絵空事廃墟
モンスターボール持ち出す物理棟 伊湯蘭
戯曲では臭いのしない豚が鳴く 西沢葉火
へべれけに傘はそのまま高架下 田村わごむ
過ちのまっ只中の正常位 中村佐貴
ある程度何でもできる山へ行く 笹川諒
叩かれててろんてろんとなる初心 よーこ

絶望を星屑にする水樹奈々 藤井智史
おおきいとないのあいだが跨線橋 斎藤秀雄
噛みついてくるありふれている時間 くに
手拍子で煽ってちょうどよい交尾 未補
母の愛なく動物園のにおい 小俵鱚太
白線をジャージの本体にしない 袴田朱夏
評:ロゴマーク「わしが本体じゃ」
背景の虹を無視する翻訳機 福村まこと
評:高文脈文化に対応した翻訳機の開発が待たれる。
牛乳の蓋が詰まった募金箱 岩倉曰
評:レア物は1枚数万円らしいです。

第138回(2018/11/25-12/1投句分)

投句フォームと結果に戻る

51名98句 森山文切選
三面鏡私だらけの地獄絵図 犬井隆太
This is a pen の響きで回る星 秋鹿町
間違えていたのはきみの方ですが 有村桔梗
自由から逃げたいままの日曜日 永峰半奈
あらすじが気になる植物物語 神丘風
小部屋でも机の上は夢舞台 小林祥司
森を出て次の森まで暇つぶし 芍薬
偽善者の声に鳩尾うずき出す 澤井敏治
死にたての鳥かなにかをファーにする 未補
秒針を西日が滑り落ちて夜 袴田朱夏
歳月は塩大福の粘りかな 岩根彰子
冬の夜スケッチブックの独裁者 日向彼方
目の上のほくろがひとつひとつ減る エノモトユミ
淋しいと耳から透けてゆく兎 toron*
歌留多撥ね飛ばすナイキのロゴマーク ヨッシー
おばさんに先を越されているあくび 御殿山みなみ
お祝いの豆菓子食べて鳩になる 真島朱火
平穏に見える凧にもある不安 彦翁
糊代の広さに油断してしまう 平井美智子
お金持ちのっぺらぼうになりました まさよし
満足のゆくまで白く塗るピエロ よーこ
人民の意志に反して昼寝した 杉倉葉
冷蔵庫のからっぽ  国家斉唱 尾崎良仁
文体が聖書のような督促状 秘まんぢ

しゃぼん玉だけの街にも鳴る時報 絵空事廃墟
舌打ちの絵が飾られた廃校舎 岩倉曰
琴線が鉄条網に引っかかる 冬子
それぞれに落ち着く方へ向く海鼠 西沢葉火
封筒の封をする結婚しない 斎藤秀雄
勲章の裏に隠した付け睫毛 福村まこと
評:付け睫毛くらいでも叙勲が取り消されそうな今の世の中です。
魔女か淑女か写真判定されている くに
評:鼻差でしょう。
ゆっくりと燃えないパフェを食べている 笹川諒
評:”燃えないパフェ”をサーチエンジンやTwitterで検索しましたが、ヒットは0でした。

第137回(2018/11/18-11/24投句分)

投句フォームと結果に戻る

50名95句 森山文切選
ほめるから花を咲かせたブロッコリー くに
これが、今、ゴメンな、オレの、精一杯 サトシワタナベ
鰯雲 乾いた空で泳げない とわさき芽ぐみ
シャンプーのボトルのような鳥が二羽 笹川諒
可愛いは猫と子供にいう言葉 多実果
自分からやめるとやめられるお酒 ヨッシー
お似合いと言われ口喧嘩をやめる 彦翁
ハッシュタグつけて鬼から隠れる子 多舵洋
九時も十六時も同じどん曇り 田村わごむ
母親の笑顔が苦いミルクラテ 永峰半奈
自由って不自由だよね貯金箱 アゲハ
黙々と生きる毛虫の美しさ 犬井隆太
水平線ひとふで書きの潔さ 阿部千枝子
時速80キロと書いた待ち針 西沢葉火
性欲を童話の森で初期化する 福村まこと
石橋の下には常に渡し舟 岩倉曰
お多福がウインクしてる熊手買う 八郎
無理強いの果てに輪ゴムが弾け飛ぶ 藤沢修司
木に残す実を見定める祖父のゆび 芍薬
薄墨で書かれてるのがあなたです 尾崎良仁
鍵がないスーツケースの外は雨 エノモトユミ

バリカンを持つ狩人たちの宴 藤井智史
試験管さっき人魚が跳ねました まさよし
夕焼けをぼくたちだけで持ち運ぶ 絵空事廃墟
しんにょうを定年退職晴れて蛇 秘まんぢ
笑顔でも無表情でもない蝮 平出奔
赤い薔薇かかってこいと曼珠沙華 武良銀茶
評:これほど挑戦的な曼珠沙華は珍しい。
そうめんを流す工面のかぐや姫 藤井智史
評:お見合い話も流したい。
なしくずし的に丘などやってます 杉倉葉
評:「丘の前?梨山よ、なしやま」

第136回(2018/11/11-11/17投句分)

投句フォームと結果に戻る

46名88句 森山文切選
戦争ゲーム買えばやる気が出る仕事 笹川諒
ナメクジの速度で渡る天の川 あまの太郎
宛先を書かず手紙を食べる牛 多舵洋
開花まで足音ふたつ足りぬ春 秋鹿町
予約券一枚持って冬に入る くみくみ
紅葉を羽織り銀座をランデブー 八郎
真っ直ぐに生きたい初心へと曲がる 藤沢修司
見せあえば鱶がくるのよぶれながら 亀山朧
白飯に嫁の気持ちを振りかける 真中北辰
猫バスを予約している帰り道 真島凉
聴診器あてて気づいた虹の治癒 絵空事廃墟
歳時記に吸われ真冬が死んでゆく 袴田朱夏
電飾の引き立て役としての闇 犬井隆太
雪国に雪が降ったというニュース 澤井敏治
ト書きにはなかった現場でインタビュー 岩根彰子
仙人がまた銀行の骨になる 斎藤秀雄
三日月の親近感は泣きぼくろ はな
一か所が痛んで調子良い体 青砥たかこ
ほんとうは保存もできる破門僧 杉倉葉
すべからく嘘たそがれが綺麗です toron*

浴槽の屁として消えた人魚姫 岩倉曰
泡で出るタイプになって見返すわ 冬子
四次会のちっとも残らないポテト 御殿山みなみ
空間自体を菩薩と間違える 絵空事廃墟
累積赤字にも見慣れないワルツ 藤井智史
白旗は振らぬマタドールの孤独 中村佐貴
評:しんぶん赤旗を読みながら。
無人島たのみもしない紅生姜 西沢葉火
評:人っぽい何かが作る紅生姜 ぶ
水っぽいブルー漏電して発火 くに
評:くすぶり続ける。

第135回(2018/11/4-11/10投句分)

投句フォームと結果に戻る

49名96句 森山文切選
愛に死す今のジュリーに言われても 阿部千枝子
 -○-○- どんな景色の置き忘れ とわさき芽ぐみ
旅先の夜空の星が僕を待つ 市川雄太
やる事がたくさんあると迷う指 やっこ
繭になる準備こたつにフリースで アゲハ
人を見ず咲いては散って山桜 武良銀茶
イチョウには負けたくない東京タワー 芍薬
ライバルが遠くになっている出番 彦翁
静寂に耳を塞いだクリスマス 日向彼方
やどかりがやどかりを食う小宇宙 岩倉曰
巻き爪の第一継承権を持つ 田村わごむ
真ん中を決めて右腕左腕 西沢葉火
伝言が芸術的に食い違う 犬井隆太
地獄絵図なのにホロリとさせる虫 小俵鱚太
はじまりを知り飽和するシリカゲル 秋鹿町
蒐集家のレコード棚に住む芸者 香菜
反撃の狼煙のためのおろし金 杉倉葉
むささびを淫靡なダウンロードかな 亀山朧
チャラ男当選のハガキ見て固まる 尾崎良仁
光から闇からこぼれゆく団員 絵空事廃墟
五線譜をまっすぐ進む警告音 あまの太郎
月皓々衛戍監獄雁渡る 澤井敏治
忘却を忘れた人が刻むねぎ 江西レイ
ニホンジンナラバヒノマルベントウダ 藤井智史

罫線を消せば自由になれる文字 冬子
やわらかく燃える畳が水の底 斎藤秀雄
白昼堂々レモンの爽やかさ toron*
唐揚げを担保に入れて握手会 あまの太郎
漸化式知っていそうな顔の猫 笹川諒
透明になれば虹呼ぶ水たまり 青砥たかこ
評:虹は水たまりから。
腹巻が伸びるじゃないか手を離せ ヨッシー
評:だっふんだ!!
素麺を曲げずに茹でる裁判所 福村まこと
評:大きな鍋で。