第115回(2018/6/17-6/23投句分)

投句フォームと結果に戻る

29名57句 森山文切選
おみくじを拾う「禿げろ」と書いてある 斎藤秀雄
週刊誌稼ぎ頭の未成年 まさよし
夫逝き雑になってる皿の盛り 田原勝弘
サッカーの休憩中に日記帳 井戸野蛙
三万で売ってきたのは虚栄心 琉星
ポケモンを捕まえるたび減る電池 芍薬
愛などと短絡的に泡立てる 藤沢修司
玄関にサンダル置いて夏を呼ぶ 海月漂
記念樹が伸びて私は背が縮む 小林祥司
そんな目をしてたのか席譲られる ヨッシー
スマホ使える缶切りは使えない よーこ
猛ダッシュ祭り露店の袋とじ 阿部千枝子
恐竜の卵をさがす旅に出る 真島芽
背のチャック見えない手錠かけたまま 徳重美恵子
麦般若ちゃっちゃとつくるレバニラ炒め 岩根彰子
紫陽花の色が秘密を持て余す アゲハ

もうひとりムーンドッグに生まれた子 西沢葉火
逆境もあった異国の銀細工 福村まこと
重力で潰れちまったアイウエお くみくみ
じめじめとしている顔が寂ている 阿部清明
昨日まで元気であったオルゴール 彦翁
噂では繭になったと聞きました 尾崎良仁
評:もうオトナになっているころでしょう。
適量へ跳び出していく塩コショウ 畑中玉菜
評:カケスギの未来しか見えません。
冒険はアリスと同じ顔でする 真島凉
評:ウサギの顔をした人を追いかけよう!

「第115回(2018/6/17-6/23投句分)」への1件のフィードバック

  1. 第115回発表しました。

    第120回の外部選者は、各種web句会を中心にご活躍の加藤当白さんにお願いしました。私と同世代の方です。
    7/22-7/28投句分となります。皆様のご投句お待ちしております。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)