第113回(2018/6/3-6/9投句分)

投句フォームと結果に戻る

25名48句 森山文切選
香害に悩んでいますシャボン玉 まさよし
原因は知らない方が生きやすい 彦翁
平成が終わるのにまだ起きてこない 芍薬
一線に目と目が合ってうふふのふ 阿部清明
パラサイトそっと出すほど覚悟なし 畑中玉菜
事なかれハトはカラスに刃向かわず 敏治
花菖蒲梅雨に洗われ凜と咲く 田原勝弘
アディショナルタイムにお湯を入れている 西沢葉火
さよならが配合されている出会い 宮下倖

ナミアゲハ手紙みたいに来てくれた 岩根彰子
守秘義務に戸惑っているバスタオル 徳重美恵子
バター塗る疑いもなくバター塗る 尾崎良仁
竜宮の宴のままに夜光虫 福村まこと
そうじゃない水の和音を壊す指 くに
コピー機で大量に刷る免罪符 海月漂
評:内容は吟味されない免罪符
告白の責任薔薇と半分こ 阿部千枝子
評:薔薇は理不尽だと憤慨するでしょう。
枇杷の種中間試験自信あり ヨッシー
評:どんな問題が出るか思案中

「第113回(2018/6/3-6/9投句分)」への1件のフィードバック

  1. 第113回発表しました。
    発表時にコメントを書くのを忘れていました(汗)
    そろそろ120回の選者を決めないといけません。何名かお願いしたい方がいて、どういう順番でお願いしていくか考えているところです。
    できるだけ他の句会や大会では選を受けられない方にお願いしていこうと思っております。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)