第108回(2018/4/29-5/5投句分)

投句フォームと結果に戻る

27名52句 森山文切選
よく喋るきっと寂しい人だろう 片山かずお
借景に焦げ目をつける文学者 福村まこと
長電話夕暮れ空が切れと言う 田原勝弘
引率の教師背広にスニーカー ヨッシー
ネイル塗る爪に元気がなくなって 御泉水
里山の休耕田の人嫌い 八郎
紫陽花の緑が雨を待ち望む 彦翁
夕暮れの坂で拾った玉手箱 若芽
クールビズ会社の風に変わりなし 井戸野蛙
突破口どこに有るのか僕の地図 阿部清明
紫陽花の蕾の中で妥協する 岩根彰子
社員証ぶら下げ歩く羊たち 海月漂
感嘆符ひとつでもつれ出すルール 藤沢修司
みずうみの深さの秘密転校生 斎藤秀雄
ソフトでもハードでもない斬られ役 宮下倖

コロコロに綿ぼこりからの伝言 徳重美恵子
話せずに高地の午後はさらさらと 峰岡名負
老鶯の声連休の通学路 菊池洋勝
南米の大河からしあわせ来る日 くに
ストローで吸われぬようにジャムにした 西沢葉火
アイシテマスアイシテマスというスマホ 平井美智子
評:Hey, siri! 僕を愛してる?
自我を捨て桃のジュースになりました 尾崎良仁
評:ネクターミックスになりたかった。
人でなしモアイを夜に走らせる くに
評:昼ならセーフ

「第108回(2018/4/29-5/5投句分)」への1件のフィードバック

  1. 第108回発表しました。

    没句の中に言葉を詰め込みすぎている感のある句がいくつかありました。強い言葉を組み合わせると喧嘩してしまいがちです。絞った方が主張が強くなるケースが多いのでお試しください。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)