平成29年10月17日掲載分

天賞
疑えば湧き水如く切りがない 沼津 木俣邦捷
地賞
酒やめて聞き役になり猫も寄る 読谷 高良秀光
人賞
生かされて忘れてならぬ水の恩 宜野湾 羽地恵雄
奨励賞
家中を機嫌よくする孫の笑み 糸満 名嘉真静子
佳作
原発をノーと言えない被爆国 宜野湾 崎山とし子
ぶっそうな国と国との凌ぎあい 那覇 なかそね一
補佐官の年俸を見て腹が立つ 沖縄 安慶名昇
ウークイの時計早める孫世代 浦添 上原盛徹
歳取らぬ御先祖様は皆元気 今帰仁 玉城真光
幸福度増して元気なお年寄り 那覇 大城千鶴子
忘れ物認知症とは限らない 那覇 禱モモト
預貯金の額をたずねるアンケート 豊見城 和田幸子
はじけ飛ぶ敬老会の島ことば 那覇 宜寿次均
ネオン街色気チラチラ迷い道 北中城 国吉安子
日々のメモアッという間に三日過ぎ 宜野湾 嘉数さくら


天賞木俣さん:そうですよね。人は性懲りもなくどんどん疑い深くなるようですね。困ったものです。
地賞高良さん:下五の「猫も寄る」という、とぼけた所が効いています。
人賞羽地さん:「生かされて」に、時を経た深さ、戦時中さえ浮かびジーンと伝わり下五「水の恩」で胸を打ちました。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)