平成29年10月10日掲載分

天賞
同僚がミスの理由を訊きに来る 八重瀬 森山文切
地賞
勝ち負けへ損得並べ思案する 那覇 渡嘉敷唯正
人賞
手の甲の老いを見つめて活を入れ 那覇 上原とよ子
奨励賞
子孫にも伝えたいのがアララガマ 読谷 島尻卓
佳作
戦世(イクサユー)艦砲しのぎ基地負担 那覇 山内昌一
盆むかえあゝなつかしの父母よ 那覇 山城東雄
新米が熨斗を付け替え行き来する 糸満 金城幸鷹
忖度が過ぎて出られぬ蟻地獄 宜野湾 宮本正
老い二人手酌のお酒味も染み 那覇 池村幸夫
子が巣立ちどっと寂しさ増す二人 豊見城 我那覇はじめ
今の世は遊びもネット引きこもり 豊見城 下地香代子
汗じわり体知ってるにわか雨 宜野湾 真栄城久枝
披露宴誰でもなれる主人公 沖縄 垣花鷹志
チラチラと街の明かりに安堵する 北中城 大屋みゆき
被爆国落とした国の傘の下 名護 許田節子


天賞森山さん:ミスした時に限ってあれこれ訊きに来る人がいますよね。それを上手く捉え句に仕立てられ、お見事です。
地賞渡嘉敷さん:そうですよね。人間たる所以かも知れませんが。
人賞上原さん:加齢と共に手の甲にもシワがより、老いを感じながら、自ら鼓舞して活を入れたのですね。見習いたいものです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)