平成29年9月5日掲載分

天賞
ヒバクシャを見捨て政府は核の傘 那覇 後盛秀行
地賞
器から溢れてしまう父母の愛 八重瀬 森山文切
人賞
堂々と今日は模合と飲みに出る 読谷 島尻卓
奨励賞
巫女さんは何処の学校出たかしら うるま 比嘉春栄
佳作
和太鼓が背筋に活を入れてくる 宜野湾 高橋けい子
火ぬ神に拝む娘は祖母ゆずり 那覇 屋良朝淳
伝言をよどみなく書き愚痴になり 沖縄 桑江彩雲
深夜まで堂々と飛ぶオスプレイ 宜野湾 小浜廉市
心配はするなと言って世話をさせ 読谷 高良秀光
夏バテへ早く来い来い秋と冬 豊見城 松川雄峰
この頃の夢は女性が出てこない 浦添 上原盛徹
定年後妻の下僕で恩返し 北中城 伊達政仁
無理しても笑顔を見せる初対面 東京 大矢和子
政治家も恋におぼれて職失くす 豊見城 下地順子
妻は留守見つめる写真原節子 糸満 金城幸鷹


天賞後盛さん:広島、長崎の被爆者へ寄り添い、心の叫びを十七音字に込めた作者。「平和とは」を、今一度考えたいものです。
地賞森山さん:「父母の愛とは」、自分が親になってはじめて、心にしみるものではないでしょうか。
奨励賞比嘉さん:つい見逃しそうなことをさらりと句に仕立てるのが上手いですね。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)