平成29年8月29日掲載分

天賞
シャレタ靴外反母趾がはいている 那覇 禱モモト
地賞
大臣の給与聴くたび腹煮える 那覇 池村幸夫
人賞
苦と楽は生きる証の句読点 那覇 渡嘉敷唯正
奨励賞
秋風が人恋しげに頬なでる 宜野湾 崎山敏子
佳作
同郷のなまりが垣根取り除く 北中城 高松呑海
買うまいと決めてまた買う宝くじ 那覇 山城東雄
棘のある言葉ひとつで命取り 那覇 後盛秀行
あの人の心の扉サビている 北中城 小松呑水
メモにないバーゲン品に手が伸びる 糸満 金城幸鷹
何事もない一日が宝物 沖縄 垣花鷹志
半額の文字に反応すぐ出かけ 那覇 田場ヨシ子
若者は力余ってすぐジャンプ 北中城 佐久本盛明
格差より段差が怖い齢となり 豊見城 松川雄峰
ジャンプ買い息子と同じ愛読書 大島郡 轟博美
鳴り響く指笛につい踊る覇者 国頭 大嶺進一


天賞禱さん:川柳の三要素である「穿ち」つまり人情の機微などを巧みに指摘することです。それを上手く捉え句に仕立てられました。お見事です。図書館等で川柳の本を求めて、各自で勉強される事を、お勧めします。頑張ってください。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)