平成29年7月4日掲載分

天賞
開けゴマ呪文唱えて朝帰り 北中城 高松呑海
地賞
錆びた脳言葉遊びで刺激する 那覇 上原とよ子
人賞
車間距離保つ夫婦の生き上手 読谷 高良秀光
奨励賞
損得を越えてあなたを守りたい 西原 糸数幸昌
佳作
偉い人とかく漫画に描きやすい 那覇 渡嘉敷唯正
うりずんの光と風に夢芽吹く 宜野湾 崎山とし子
合鍵を返した夜の酒の味 北中城 稲福呑雲
新人がみるみるうちに痩せていく 八重瀬 森山文切
階段を降りて忘れてまた上り 浦添 上原盛徹
慰霊の日引き揚げ船にいた私 那覇 大城千鶴子
傘を買い三分待たず晴れる雨 沖縄 桑江彩雲
好奇心開かずの扉手が伸びる 北中城 大屋みゆき
子供の絵ピカソ顔負け母の顔 那覇 宮良毅
晩柑(ぽんかん)の汁弾け飛び夏が来る 与那原 宮島玲子
わが日課薬飲んだか自問する 浦添 比嘉靖和


天賞高松さん:読んだ人は、いったいどんな呪文を、唱えたのか知りたくなりますね。呪文をとなえての表現が効いています。
地賞上原さん:錆びた脳の「たとえ」が佳句となりました。
人賞高良さん:そうですよね。少し距離がある方が生き上手かも知れませんね。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)